ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデは、今週、GP2マシンのコックピットに戻る。

2013年にケータハムでF1デビューを果たしたギド・ヴァン・デル・ガルデは、昨年ザウバーのリザーブドライバーとして過ごしたが、2015年のザウバーのレースシートを獲得することはできなかった。

De Telegraaf によると、ギド・ヴァン・デル・ガルデは、月曜日にバレンシアでカンポスのGP2マシンをテストするという。

その後、ギド・ヴァン・デル・ガルデは、2010年と2011年に所属したアダックスにも呼ばれているという。

ギド・ヴァン・デル・ガルデが最後にGP2でレースをしたのはケータハムで戦った2012年となる。

ギド・ヴァン・デル・ガルデは「招待されたことを嬉しく思っている」と述べた。

「僕にとって、これはコンディションを整え、ドライビングリズムを保つのに最適な方法だ。でも、僕の野心はF1で走り続けることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | GP2