F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダは、日本の投資会社Buzz Asset Managementとスポンサー契約を結んだことを発表した。

Buzz Asset Managementは、すでにモーターレーシングに深く関与しており、今年F2に参戦するホンダの育成ドライバーの松下信治とカーリンをサポート。また、同じホンダの育成ドライバーである名取鉄平がFIA F3選手権で所属するCarlin-Buzz Racingのタイトルスポンサーも務める。

今回の契約により、Buzz Asset Managementのロゴがトロロッソ・ホンダ STR14のフロントノーズに掲載される。

元レーサーである長谷川大祐が設立したBuzz Asset Managementは、有能な若手のキャリアを支援することを方針としている。

長谷川大祐は「私がレースをしていたとき、多くの企業と人々がキャリアをサポートしてくれました」とコメント。

「私が会社を設立したとき、若者をサポートするという哲学は継続しており、我々のミッションになると確信しました。ホンダが育成ドライバープログラムでやっていることに感心しました。我々にはカーリン・レーシングでF3とF2に参戦するドライバーがおり、論理的にF1は次の論理的なステップです」

「スクーデリア・トロ・ロッソがホンダのパワーユニットを使用していることを覗いでも、若い才能を推進するという共通の信念を共有していますし、チームのスポンサーになることは我々にとって非常に明白で自然なことだと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1 | F1スポンサー