エイドリアン・スーティルの2008年10月のF1情報を一覧表示します。

エイドリアン・スーティル(ブラジルGPプレビュー)

2008年10月29日
エイドリアン・スーティル フォース・インディア
エイドリアン・スーティルが、F1最終戦ブラジルGPへの意気込みを語った。ここ3レースで連続リタイアに終わっているスーティルは、完走してポジティブなシーズンの終わりを迎えることを期待している。

エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
ブラジルは、半分南アメリカ人である僕にとっては特別なイベントなので本当に楽しみしている。トラックは肉体的にはタフだけど、とても楽しい。周囲の気温は高くなるだろうし、非常に湿気があるときがあるけど、最もタフなのはバンプだ。レースでトラックを回ると、本当にそれぞれのバンプを感じるんだ!また、反時計まわりなので普段使わない首の筋肉を使うんだ。

エイドリアン・スーティル(中国GPプレビュー)

2008年10月17日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、中国GPへの意気込みを語った。

エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
上海のサーキットは、ドライバーにとって非常に面白いサーキットだ。とても広くて、トルコのイスタンブールパークのように大きなランオフエリアがある非常に現代的なレイアウトだ。いくつかトリッキーなコーナーがあって、最後まで集中し続けなければならない。実際に都市も素晴らしいので、本当に楽しみなイベントだ。

エイドリアン・スーティル(日本GPプレビュー)

2008年10月6日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、F1日本GPの印象を語った。2006年に日本でF3を戦ったスーティルにとって、富士スピードウェイは慣れ親しんだサーキットと言える。

エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
僕は2006年に日本のF3で1年過ごしているので、たぶん他のドライバーよりも富士でたくさんレースをしている。その年、とても多くのレースをしたので、ホームトラックのような気分だね!簡単なサーキットではないし、スムーズであまりハードにプッシュしてはいけない独特なコーナーがあるし、もちろん非常に長いストレートがある。ストレートでタイムを失わず、でも低速のミドルと最終セクターで高いレベルが必要なので、確実にするにはセットアップを妥協しなければならない。注意しなければならないもう一つの要因はてんこうだ。でも、昨年のあとでは、それにつていは話す必要はないけどね!
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム