スーパーフォーミュラ 鈴鹿サーキット 開幕戦 山本尚貴
2018年のスーパーフォーミュラが開幕。4月21日(土)に鈴鹿サーキットで予選が行われ、山本尚貴(TEAM MUGEN)がポールポジションを獲得した。

2018年からスーパーフォーミュラは2スペックタイヤ制を導入。1大会で使用できるのはソフトとミディアムの新品を2セットずつ、また前戦からの持越しドライタイヤ2セットの合計6セットとなる。

持ち越しタイヤは、ミディアムタイヤでもソフトタイヤでも新品がOKとなるが、開幕戦で使用できる持ち越しタイヤはユーズドタイヤとなる。特に開幕戦は300kmと長いレースとなるため、予選からのタイヤ戦略が鍵を握ることになる。

土曜日は気温が上がり、気温20.8℃、路面温度35.8℃、風がやや強めというコンディションで予選Q1セッションがスタート。Q1では全員がミディアムタイヤでタイムアタックに挑む。

まず、松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がミディアムタイヤで1分37秒619を驚異的なタイムをマークしてタイムシートのトップに立つ。

Q1では、松下信治が1分37秒255を記録してトップ通過。2番手には山本尚貴、3番手には福住仁嶺とトップ3をルーキー2人が占め、トップ6まですべてホンダ勢という展開。トヨタのトップとなった7番手の山下健太とトップとの差は0.9秒となった。

Q1敗退はニック・キャシディ(KONDO RACING)、大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMAN)、千代勝正(B-MAX RACING TEAM)、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM'S)、ピエトロ・フィッティパルディ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)の5台。

Q2では各ドライバーがソフトタイヤを投入。終盤、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がデグナーでコースオフし、残り13秒で赤旗が提示。で入念にソフトタイヤを準備してギリギリでタイムアタックを狙っていたドライバーにとっては厳しい状況となる。セッションは残り3分から再開。9台のマシンが再びアタック。2セット目の新品ソフトを投入したチームもいる。

Q2では国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)、ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)、松下信治、山下健太(KONDO RACING)、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が脱落。特にQ1で好タイムを記録していた松下信治はユーズドのソフトでタイムが伸びず、赤旗の影響をもろに受けてしまった格好だ。

平川亮を除いた7台で争われたQ3。2018年の最初のポールポジションを獲得したのは山本尚貴。2番手には0.08秒の僅差で福住仁嶺が続いてTEAM MUGENがフロントローを独占。

3番手には野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING))4番手には伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)、5番手には塚越広大(REAL RACING)が続き、ホンダ勢がトップ5を独占する結果となった。

2018年 スーパーフォーミュラ 開幕戦 鈴鹿 予選 結果

PosNoNameTeamBest Time 
116山本尚貴TEAM MUGEN1分36秒911 
215福住仁嶺TEAM MUGEN1分36秒991 
35野尻智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACING1分37秒040 
465伊沢拓也TCS NAKAJIMA RACING1分37秒935 
517塚越広大REAL RACING1分37秒990 
61石浦宏明P.MU/CERUMO・INGING1分38秒342 
736中嶋一貴VANTELIN TEAM TOM分S1分38秒431 
820平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPUL  
92国本雄資P.MU/CERUMO・INGING1分37秒33Q2
1018小林可夢偉carrozzeria Team KCMG1分37秒940Q2
1164ナレイン・カーティケヤンTCS NAKAJIMA RACING1分37秒982Q2
126松下信治DOCOMO TEAM DANDELION RACING1分38秒238Q2
134山下健太KONDO RACING1分38秒385Q2
1419関口雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL1分53秒851Q2
153ニックキャシディKONDO RACING1分38秒703Q1
168大嶋和也UOMO SUNOCO TEAM LEMANS1分38秒941Q1
1750千代勝正B-MAX RACING TEAM1分39秒133Q1
1837ジェームス・ロシターVANTELIN TEAM TOM分S1分39秒143Q1
197ピエトロ・フィッティパルディUOMO SUNOCO TEAM LEMANS1分39秒671Q1


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: スーパーフォーミュラ