ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、母国グランプリとなる2012年の最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ブルーノ・セナ (ウィリアムズ)
「シーズン最終戦のために母国に戻ることにかなり興奮している。母国グランプリでレースをすることはいつだって異なる感覚があるし、観客から得られるエネルギーと興奮は素晴らしい。母国でレースをするチャンスはF1では2回しかなかったけど、どちらも観客はさらなる後押しになった」

「インテルラゴスは、大部分のドライバーが好きなサーキットだ。非常にテクニカルだし、それを最大限に生かすのが難しいので、エキサイティングなレースになる。僕たちはここ数レースでかなり改善しているし、上昇傾向を続けて、またここでダブルポイトフィニッシュできることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ / F1ブラジルGP