「ミハエル・シューマッハは成功したF1チーム代表になっていたはず」と元メルセデスF1責任者
メルセデス・モータースポーツの元責任者であるノルベルト・ハウグは、ミハエル・シューマッハは、ドライバーとしてのキャリアの後、F1で成功したトップマネージャーまたはチーム代表になっていただろうと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの現在の容態についてはほとんど知られていないが、2013年のスキー事故で脳に深刻な損傷を負って以来、公の場に姿を見せなくなって7年以上が過ぎている。

ノルベルト・ハウグは、現在52歳になったミハエル・シューマッハは、その怪我を負わなければ、モータースポーツ業界のマネージャーまたはリーダーとして成功していたと考えている。

「彼はレーシングカー以外でも成功した完璧なトップマネージャーになっていただろう」と若い頃にミハエル・シューマッハと一緒にスポーツカーやF1で働いたノルベルト・ハウグは Auto Motor und Sport に語った。

「彼の個人的な成長において、ミハエルはレーストラックよりも遅いペースを設定したことはなかった」

「彼は洗練された英語を話し、完璧に身体を鍛え、賢く、常にエネルギーに満ちていた。レーシングドライバーとして、彼は知識に非常に飢えており、何かの根底に到達するために予想の斜め上を行っていた」

「ミハエルは、メカニックやチームメンバーと接するとき、常に共感を持っていた。彼は全員をやる気にさせ、全員の誕生日を暗記し、全員に家族のことを尋ねていた」

ミハエル・シューマッハの 22歳の息子ミック・シューマッハは、2021年にフェラーリを搭載したハースF1チームでフルタイムのF1デビューを果たしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / メルセデス