F1 ミハエル・シューマッハ
20年以上にわたってミハエル・シューマッハの右腕として働いてきたザビーネ・ケームが、ミハエル・シューマッハのプライベートを含めたこれまでの人生についてインタビューで語った。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2012年に“2度目”のF1引退。ザビーネ・ケームの役割は縮小していくはずだった。

しかし、ミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負い、それ以来、ザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハの家族とそのプライバシーを厳重に守り、シューマッハの遺産を管理している。

しかし、今月初め、ザビーネ・ケームはミハエル・シューマッハの50歳の誕生日の一環として Beyond the Grid のインタビューに応じ、滅多に公開されないシューマッハのプライベートについて語った。

事故以来、コリーナ・シューマッハの側にいるサビーネ・ケームは「ミハエルには家族がいます。コリーナと彼は本当にパーフェクトなカップでしたし、私の意見では今でもパーフェクトなカップルです」と語る。

「彼が家に帰り、子供たちがやって来ると、F1のことは遠くにいってしまいました。彼はF1のエネルギーを取り払うためにプライバシーを秘密にする必要がありました。友人や私のような人々が外から見れば、ある意味で家族が常に彼の充電器であることはとても明白なことでした」

「家族という点で、彼は家族と非常に親密でしたし、それは今も変わりません。第二にミハエルには今でも子供の頃から友人がいます。それも素晴らしいことです。彼の周りには常に彼らがいました・・・彼は親密で非常にいい友人がたくさんいます」

ミハエル・シューマッハのF1キャリアは初日から衝撃的なものであり、フェラーリでは不安定で気まぐれなイタリアのチームを復活させ、かつてない栄光へと導き、彼の名前はティフォシの心に永遠に刻まれることになった。

その一方で、ミハエル・シューマッハのレースに対する冷酷さと傲慢さは非難を浴びることも多かった。

しかし、ザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハがいかにフェラーリと友好な関係を築いていたかを説明する。

「彼はみんなの誕生日を祝いたいと思っていましたし、全員にクリスマスカードやプレゼントを贈る必要がありました。彼はいつも一人一人に何を送るべきかについて悩んでいました。それは彼にとって本当に重要なことだったんです。彼は自分が求められていることを知っていましたし、ある意味でそれらでお返しをしたいと思っていたんです」

「ミハエルはレース環境においても常にとても暖かい人でした。ですが、彼はそれを外部に見られることを望みませんでした。彼はそれが競争力の一部を奪うと考えていました」

「彼はその2つのペルソナを非常に明確に使い分けていました。あのレベルのスポーツでは多くの心理戦があります。彼は“自信”や“強さ”という印象を与えることを望んでいました」

ベネトン時代にすでに2回のF1ワールドチャンピオンを獲得していたミハエル・シューマッハは、1996年にフェラーリに移籍。しかし、フェラーリでの最初のタイトル獲得までは5年かかった。2000年の最初のタイトルはフェラーリにとって21年ぶりのチャンピオン獲得であり、その後、ミハエル・シューマッハは伝説として語り継がれる黄金時代を築いていった。

2000年についてザビーネ・ケームは「かなり高いプレッシャーがかかっているのは明らかでしたし、彼は決定的な年だと感じていました。チャンピオンを獲れなかったら、どうなっていたかわかりません」と語る。

「私は彼らがそれを実現できなければ何が起こるかわからないと本当に感じていました。彼はその年に本当に信じられないくらい懸命に仕事をしていましたし、本当に全てを注ぎ込んでいました」

「ミハエルが2000年に鈴鹿でタイトルを獲得したときのことは忘れません。チーム全体があれほど感情を爆発させるなど想像していませんでした。彼がフィニッシュラインを通過したとき、ガレージの後ろにいる人々は涙を流していました。それが彼らにとって何を意味するかはあとになって本当に理解しました。彼らは本当に何年もの間、そのために頑張ってきたんですからね」

「25年前から務めていたメカニックもいました。彼らは文字通り、本当に涙を流して泣いていましたが、恥ずかしがり屋で泣いているのを隠していましたね。あのような感動を見たことはありませんでした」

「本当に凄いと思った瞬間でした。予想していたよりもさらに大きなものでした」

最後にザビーネ・ケームは、父の足跡を辿って今年からF2に参戦するミック・シューマッハのマネジメントを担当していることを明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ