ミハエル・シューマッハの2012年10月のF1情報を一覧表示します。

ミハエル・シューマッハ:F1アブダビGP プレビュー

2012年10月31日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスAMG)
「アブダビは、旅行するのを楽しみにしているレースのひとつだ。あそこの施設は最先端だし、非常に現代的で、魅力的だ。レースのタイミングもそれをさらに魅力的なものにしている。日中から夜にかけてのレースは、非常にスペシャルで独特な楽しさがある」

ミハエル・シューマッハ、青旗無視のペナルティを免れる

2012年10月29日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1インドGPの決勝レースで青旗を無視したとしてレース後の審議対象になっていたが、ペナルティは免れた。

ミハエル・シューマッハは、周回遅れとなっていたF1インドGPの決勝レースでロマン・グロージャンを妨害したとしてレース後の審議対象になっていた。

しかし、レース後、ミハエル・シューマッハとロマン・グロージャンはスチュワードとは話し合い、ミハエル・シューマッハは故意に妨害したわけではないということで決着がついた。

ミハエル・シューマッハ、サッカーで膝を負傷

2012年10月27日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、左膝とすねに大きなガーゼと包帯して今週末のF1インドGPに臨んでいる。

ミハエル・シューマッハによれば、先週サッカーをして負傷したとのこと。

「サッカーをしたことがある人なら誰でも経験するだろうけど、ファウルを受けたんだ」とミハエル・シューマッハは Bild コメント。

ミハエル・シューマッハ 「勝てると思ってF1復帰した」

2012年10月23日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、2010年にメルセデスからF1復帰を決めた際には成功できると思っていたと認めた。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは2006年シーズンを最後に一度F1を引退。今シーズン末に再び引退を表明しているミハエル・シューマッハは、2010年にメルセデスからF1復帰することを選んだのは「タイトルを狙えると思ったから」だと明かした。

ミハエル・シューマッハ:F1インドGP プレビュー

2012年10月20日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスAMG)
「去年のインドのF1初デビューが成功だったのは間違いない。週末のファンの多さには驚いたし、トラック自体も本当にクールだ。僕たちドライバーは、とても熱心が歓迎を受けたし、あの熱意が強いままかどうか確かめるのが楽しみだ」

ミハエル・シューマッハ、F1チーム代表には興味を示さず

2012年10月19日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1チーム代表としてF1のピットウォールに戻ってくる可能性を否定した。

「いいや、どんでもないよ。僕にとってそれは選択肢にはない」とミハエル・シューマッハは Der Tagesspiegel にコメント。

今シーズンでF1引退を発表しているミハエル・シューマッハだが、今後DTMやル・マンといったカテゴリーでレースをする可能性も除外している。

ミハエル・シューマッハ、F1引退後も“ジェット族”

2012年10月19日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1を引退してもスイスの豪邸でじっとしているつもりはないと述べた。

ミハエル・シューマッハは、メルセデスからアンバサダー的なコンサルタントの仕事をオファーされているとみられている。

「僕はずっとインターナショナルに仕事をしてきたし、これからもそうするつもりだ」とミハエル・シューマッハは DPA通信 にコメント。

ミハエル・シューマッハ、2輪への復帰を否定

2012年10月16日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1引退後、再び2輪の世界に戻る可能性を否定した。

ミハエル・シューマッハは、フェラーリでのキャリアを終えた後、ドイツのスーパーバイクシリーズでに参戦し、転倒してケガをしたことがあった。

ミハエル・シューマッハ、バイクでのレースは“すごく楽しい”が、“間違いなく”F1より危険だと Frankfurter Allgemeine Zeitung に述べた。

ミハエル・シューマッハ、メルセデスのルイス・ハミルトン獲得を支持

2012年10月14日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、自分ではなくルイス・ハミルトンと契約を結んだメルセデスAMGの判断を支持した。

ミハエル・シューマッハは、自分がチームから“追い出された”という認識は間違えだと SID通信 に述べた。

「担当者らは、シーズン終了後も一緒に仕事を続けてほしいと繰り返し強調していた」とミハエル・シューマッハは述べた。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム