ミハエル・シューマッハの2010年04月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスGP、シューマッハのシャシー交換を認める

2010年4月27日
メルセデスGP シューマッハ
メルセデスGPのチーム代表であるロス・ブラウンは、スペインGPでミハエル・シューマッハが異なるシャシーでレースをすることを認めた。

中国GPのあと、ミハエル・シューマッハはバルセロナで新しい開発パッケージだけでなく、ロングホイールベースを特徴とした完全に新しいシャシーを投入すると報じられていた。

ミハエル・シューマッハは中国GPでかなり苦戦しており、メルセデスGPのノルベルト・ハウグは、実際にシューマッハのシャシーが開幕4戦でダメージを負ったかもしれないと認めていた。

メルセデスGP、シューマッハのシャシーを交換へ

2010年4月19日
メルセデスGP
メルセデスGPは、スペインGPでミハエル・シューマッハのシャシーを替えるようだ。

中国GPでニコ・ロズベルグは、同じW01を使うシューマッハより予選で0.7秒速く、レースでは1分近く差をつけて表彰台フィニッシュを果たした。

メルセデスGPのノルベルト・ハウグは、中国GP後、ミハエル・シューマッハのシャシーに本質的な問題があると示唆した。

ミハエル・シューマッハ:F1中国GPプレビュー

2010年4月10日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1中国GPへ向けての意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
「中国のメルセデス・ベンツへの興味とファンのサポートはとても大きいので、来週末の上海で魅力的なレースになるだろう。ファンがっかりしてサーキットを後にすることはないと確信している。マレーシアでのレースはかなり筋道が立っていので、上海でも再び僕たちに運が向いてくるかもしれない」

メルセデスGP、シューマッハとの早期契約終了を否定

2010年4月9日
ミハエル・シューマッハ
メルセデスGPのノルベルト・ハウグは、ミハエル・シューマッハのF1復帰が短命に終わるかもしれないとの論調を否定した。

引退から3年を経て、ミハエル・シューマッハはメルセデスGPと2012年末までの契約を結びF1復帰を果たした。

しかし、ミハエル・シューマッハはこれまでチームメイトのニコ・ロズベルグを上回ることができず、予選では7番手、決勝では6位が最高で、ポイントでもロズベルグに26ポイント差をつけられている。

ミハエル・シューマッハ、GPDAでは“サイレントメンバー”

2010年4月8日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、GPDAに“サイレントメンバー”と参加するとマネージャーを務めるザビーネ・ケームは語る。

ザビーネ・ケームは、シューマッハは2006年までGPDAで主要な役割を果たしてきたため、これからはF1の新しい世代のドライバー達に主導権を握ってほしいと考えていることを明らかにした。

また加入を躊躇ったのは、噂されたペドロ・デ・ラ・ロサの不仲が原因ではないと明言した。

ミハエル・シューマッハ、GPDAに再加入

2010年4月7日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハがF1ドライバーの組合であるGPDAに再加入したことをマネージャーのザビーネ・ケームが明らかにした。

先月、ザビーネ・ケームは「彼は何年間もその分野をリードしてきましたから。実際、彼は現在、他のドライバーに引き継いで続けてもらうことを望んでます」とコメントしており、シューマッハはGPDAの加入に躊躇しているとされていた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム