ザウバーの2016年07月のF1情報を一覧表示します。

ザウバー:最後列に沈む / F1ドイツGP 予選

2016年7月31日
ザウバー F1 2016 ドイツ 予選
ザウバーは、F1ドイツGPの予選で、フェリペ・ナッセが21番手、マーカス・エリクソンが22番手だった。

フェリペ・ナッセ (21番手)
「僕たちにとってまた難しい予選だった。良いラップをしていると感じていたけど、結果でそれを見ることはできなかった。現時点でこれが予選で現在のパッケージから引き出せる最大限だ」

ザウバー:F1ドイツGP 初日レポート

2016年7月30日
ザウバー F1 2016 ドイツ
ザウバーは、F1 ドイツGP初日のフリー走行で、マーカス・エリクソンが18番手タイム、フェリペ・ナッセが22番手タイムだった。

マーカス・エリクソン (18番手)
「まずまずの金曜日だった。両方のセッションで十分な周回数を走ることができた。僕たちはFP1で再び新しいリアウィングを試したけど、ようやく望んでいた数値が確認できた」

ザウバー:ダブル完走も厳しい戦い / F1ハンガリーGP

2016年7月25日
ザウバー F1ハンガリーGP 結果
ザウバーは、F1ハンガリーGPの決勝レースで、フェリペ・ナッセが17位、マーカス・エリクソンが20位だった。

フェリペ・ナッセ (17位)
「僕たちにとってタフなレースだった。序盤は良かったし、1周目でポジションを1つ上げることができた。でも、1回目のピットストップの後にトラフィックにはまってしまい、スローダウンさせられてタイムもロスした」

マーカス・エリクソン、シャシー交換でピットレーンスタート

2016年7月24日
マーカス・エリクソン
ザウバーは、F1ハンガリーGPの予選後にマーカス・エリクソンのシャシーを交換。マーカス・エリクソンはピットレーンから決勝レースをスタートすることになった。

マーカス・エリクソンは、ウェットコンディションで行われた予選Q1でターン10でクラッシュ。チームは予防措置としてシャシーを交換することを決定した。

ザウバー:フェリペ・ナッセがQ2進出 / F1ハンガリーGP 予選

2016年7月24日
ザウバー F1 2016 ハンガリーGP 予選
ザウバーは、F1ハンガリーGPの予選で、フェリペ・ナッセが16番手、マーカス・エリクソンはQ1でクラッシュを喫して20番手だった。

フェリペ・ナッセ (16番手)
「波乱に富んだ予選だった。セッション開始前に雨が降ったときは僕たち全員が驚いた。今日はクルマの最大限を引き出せたと思う。ウェットコンディションのQ1の最後に一時的だけどトップにいたのは正直嬉しかった」

ザウバー:F1ハンガリーGP 初日レポート

2016年7月23日
ザウバー F1 2016 ハンガリー
ザウバーは、F1ハンガリーGP 初日のフリー走行で、マーカス・エリクソンが18番手タイム、フェリペ・ナッセが20番手タイムだった。

マーカス・エリクソン (18番手)
「まずまずの一日だった。またペースはないので、ベストな金曜日ではなかったかもしれない。プログラムはかなりスムーズに進行した。ソフトとスーパーソフトの両方のコンパウンドで十分なラップを走行することができたのはポジティブだ」

ザウバー、ロングボウ・ファイナンスへのオーナー変更を発表

2016年7月21日
ザウバー
ザウバーは、ロングボウ・ファイナンス(Longbow Finance)がザウバー・グループのオーナーになることを発表した。

財政難に苦しんでいたザウバーが、将来を確保した。ロングボウ・ファイナンスはこれまでも共同株主を務めていたスイスに拠点を置く金融企業。

このオーナー変更により、チーム創設者であるペーター・ザウバーはすべての業務から完全に引退。

フェリペ・ナッセ:2016 F1ハンガリーGP プレビュー

2016年7月20日
フェリペ・ナッセ F1 2016 ハンガリーGP
フェリペ・ナッセが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

フェリペ・ナッセ (ザウバー)
「7月はレース週末が詰まっている。オーストリアとイギリスGPの後、夏休みまでハンガリーとドイツGPとあと2レースに向かう。去年、僕たちはハンガロリンクでのレースで予想以上に力強かった。11位でポイントに近かった。今は新しいウィングをつけたザウバー C35フェラーリを始めて味わうのを楽しみにしている」

マーカス・エリクソン:2016 F1ハンガリーGP プレビュー

2016年7月20日
マーカス・エリクソン F1 2016 ハンガリーGP
マーカス・エリクソンが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

マーカス・エリクソン (ザウバー)
「去年のハンガリーGPを振り返れば、僕の記憶はそれほど悪くない。トップ10でレースをフィニッシュして1ポイントを獲得することができた。レースではそれなりのペースがあったし、今シーズンも同じような結果を達成できることを願っている」
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム