F1
2019年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPのフリー走行2回目が5月23日(木)にモンテカルロ市街地コースで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がFP1に続いてトップタイムをマーク。2番手にもバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが1-2体制で初日のセッションを終えた。

午前中は曇り空だったモナコだが、午後にはやや日差しも見え始め、気温18.5℃、路面温度30℃のドライコンディションで90分のFP2セッションはスタートした。

トップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。序盤のミディアムタイヤでの走行でも1分11秒台に入れたハミルトンは41周を走行して1分11秒118を記録。2番手にもチームメイトのバルテリ・ボッタスがハミルトン同様に順調にプログラムをこなし、0.081秒差となる1分11秒199をマーク。3番手のセバスチャン・ベッテルとトップのハミルトンとの差は0.763秒。前戦F1スペインGPのセクター3での速さから“モナコでもメルセデス優勢”という下馬評通りの速さを見せ、開幕から5戦連続1-2フィニッシュを果たしているメルセデスが、まさに死角なしの週末の完璧なスタートを切った。

対するフェラーリはタイヤへの苦戦が続いており、シャルル・ルクレールも10番手と厳しいスタートとなっている。

ホンダエンジン勢ではレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが4番手タイムとなる1分11秒938を記録。5番手にはトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが1分12秒031で続いた。アルボンはロングランでも速さを見せており、昨年F2でポールポジションを獲得した相性のいいコースで好成績が期待される初日となった。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、長い時間にわたってガレージの作業を経て走行するもバランスは改善されておらず、トップから0.34秒差の1分12秒052で6番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは14番手タイムで初日のセッションを終えている。

3強以外チームのベスト・オブ・ザ・レストとしては、ハースのケビン・マグヌッセンが7番手タイムを記録。チームメイトのロマン・グロージャンは11番手。8番手、9番手にはアルファロメオ・レーシングの2台が続いており、スペインGPでのスランプから一歩抜け出したような印象。ハースとアルファロメオは、今週末のF1モナコGPでフェラーリの“スペック2”エンジンを搭載している。

F1モナコGP フリー走行3回目は、一日の休息日を挟んで5月25日(土)の19時(現地時間12時)から行われる。

2019年 第6戦 F1モナコGP フリー走行2回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分11秒118 41
277バルテリ・ボッタスメルセデス1分11秒1990.08148
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分11秒8810.76342
410ピエール・ガスリーレッドブル1分11秒9380.82039
523アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分12秒0310.91351
633マックス・フェルスタッペンレッドブル1分12秒0520.93417
720ケビン・マグヌッセンハース1分12秒1741.05654
899アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分12秒2391.12151
97キミ・ライコネンアルファロメオ1分12秒3421.22451
1016シャルル・ルクレールフェラーリ1分12秒3501.23242
118ロマン・グロージャンハース1分12秒3921.27451
124ランド・ノリスマクラーレン1分12秒3931.27527
1355カルロス・サインツマクラーレン1分12秒4191.30147
1426ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分12秒5771.45938
1511セルジオ・ペレスレーシングポイント1分12秒7521.63444
1627ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分12秒8721.75449
173ダニエル・リカルドルノー1分12秒8881.77053
1818ランス・ストロールレーシングポイント1分14秒5583.44040
1963ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分15秒0523.92437
2088ロバート・クビサウィリアムズ1分15秒1464.02845


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1モナコGP