F1 トロロッソ・ホンダ アレクサンダー・アルボン
2019年のF1バルセロナテスト1回目が2月21日(木)に最終日を迎え、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが午前中のトップタイムをマーク。ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)は7番手でセッションを終えた。

4日間の2019年最初のテストも今日が最終日。前日からようやくウィリアムズが加わり、全10台がコース上で走行を行った。

午前中のトップタイムを記録したのはトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。44周を走行し、ピレリの最も軟らかいC5コンパウンドで1分17秒637を記録。前日にチームメイトのダニール・クビアトが記録した最速タイムを0.067秒上回った。

2番手タイムはルノーのダニエル・リカルド。34周を走行し、同じC5コンパンドで1分17秒785をマーク。

3番手タイムはメルセデスのルイス・ハミルトン。上位2名よりも1段階硬いC4コンパウンドであっさりと1分18秒の壁をやぶって1分17997秒をマーク。競争力不足が囁かれていたメルセデスだが、あっさりのその評価を覆してみせた。

4番手タイムはフェラーリのシャルル・ルクレール。午前中の最多となる75周を走行し、上位3名よりもさらに硬いC3コンパウンドで 1分18秒046をマークした。

5番手タイムはアルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィの1分18秒511。C3コンパウンドでのタイムだ

6番手タイムはハースF1チームのロマン・グロージャン。64周を走行して1分18秒563をマークした。

7番手タイムはレッドブル・レーシングのピエール・ガスリー。C3コンパウドで走行を重ね、52周を走行して1分199秒498をマークした。

8番手タイムはマクラーレンのランド・ノリス。初日にキミ・ライコネン、2日目にアレクサンダー・アルボンがコースアウトしたターン5でスピンを喫して赤旗の原因となったノリスは、48周を走行して1分19秒543を記録した。

9番手タイムをレーシングポイントのランス・ストロール。41周を走行して1分20秒026をマーク。

10番手タイムはウィリアムズのロバート・クビサ。新車FW42での初走行となったクビサは48周を走行してC3タイヤで1分21秒542を記録した。

セッションは1時間の休憩をはさんで現地時間14時(日本時間22時)から再開。現地時間18時(日本時間26時)まで行われる。

2019年 F1 バルセロナテスト 4日目 (午前)
Posドライバーチームマシンタイム周回
1アレクサンダー・アルボントロロッソSTR141分17秒63744
2ダニエル・リカルドルノーR.S.191分17秒78534
3ルイス・ハミルトンメルセデスW101分17秒97758
4シャルル・ルクレールフェラーリSF901分18秒046 75
5アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオC381分18秒51156
6ロマン・グロージャンハースVF-191分18秒56364
7ピエール・ガスリーレッドブルRB151分19秒49552
8ランド・ノリスマクラーレンMCL341分19秒54347
9ランス・ストロールレーシングポイントRP191分20秒02641
10ロバート・クビサウィリアムズFW421分21秒54248


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果