F1 バルセロナテスト 2日目
2019年のF1バルセロナテスト1回目が2月19日(火)に2日目を迎え、フェラーリのシャルル・ルクレールが午前中のトップタイムをマーク。ホンダ勢はピエール・ガスリー(レッドブル)が5番手、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)が8番手でセッションを終えた。

2日目になってもウィリアムズはコース上に姿を現さず、残りの9チームでテストセッションは行われた。

午前中のトップタイムを記録したのはフェラーリのシャルル・ルクレール。73周を走行し、前日にセバスチャン・ベッテルが記録したタイムに0.086秒に迫る1分18秒247をマークした。

2番手タイムを記録したのはハースF1チームのケビン・マグヌッセン。33周を走行し、VF-19での初走行でトップから0.987秒差となる1分19秒234を記録した。

3番手タイムを記録したのはアルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィ。62周を走行し、トップから1.065秒差となる1分19秒312ヲマークした。

トップ3はすべてフェラーリのF1エンジン。ハースF1チーム、アルファロメオ・レーシングともにフェラーリと密接な技術パートナーシップを結んでおり、今季のフェラーリ勢は強さを見せることになるかもしれない。

4番手タイムはマクラーレンのランド・ノリスが記録。トップから1.242秒差となる1分19秒489を記録。マクレーレンは前日も2番手タイムを記録しており、ここまで好調なプレシーズンテストを過ごしている。

5番手タイムを記録したのはレッドブル・レーシングのピエール・ガスリー。ホンダのF1エンジンを搭載するRB15で69周を走り込み、トップから1.567秒差となる1分19秒814をマークした。

6番手タイムはルノーのダニエル・リカルドが記録。28周を走行して1分19秒888をマーク。メルセデスのルイス・ハミルトン。午前中の最多となる74周を走行して1分19秒928を記録。メルセデスとルノーは、午後からバルテリ・ボッタスとニコ・ヒュルケンベルグが走行を担当する。

8番手タイムはトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。F1公式テストデビューとなったアルボンは開始直後にターン5でスピンを喫して赤旗の原因となったが、その後は順調に走行を重ねて61周を走行。1分20秒046を記録した。

フォース・インディアはランス・ストロールが走行を担当。45周を走行し、1分20秒433をマークした。

セッションは1時間の休憩をはさんで現地時間14時(日本時間22時)から再開。現地時間18時(日本時間26時)まで行われる。

2019年 F1 バルセロナテスト 2日目 (午前)
Posドライバーチームマシンタイム周回
1シャルル・ルクレールフェラーリSF901分18秒247 73
2ケビン・マグヌッセンハースVF-191分19秒23433
3アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオC381分19秒31262
4ランド・ノリスマクラーレンMCL341分19秒48953
5ピエール・ガスリーレッドブルRB151分19秒81469
6ダニエル・リカルドルノーR.S.191分19秒88828
7ルイス・ハミルトンメルセデスW101分19秒92874
8アレクサンダー・アルボントロロッソSTR141分20秒04661
9ランス・ストロールレーシングポイントRP191分20秒43345


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果