F1 ドイツGP予選 マシン重量
F1ドイツGP予選後の全マシンの重量が発表された。

ブラウンGP vs レッドブルでみると、ニュルブルクリンクではレッドブルに軍配が上がった。

前戦シルバーストンと同様、ニュルブルクリンクの低い路面温度はレッドブル RB5に有利だ。苦手とされていた低速サーキットだが、燃料搭載量から考えてもレッドブルはブラウンGPより1秒近く速いと思われる。

ソフトとハードでは、約1秒程度のパフォーマンス差があり、タイヤ面を考えてもレッドブルが有利なのは間違いない。事実、バトンがQ1から新品ハードを2セット使うなか、ベッテルはQ1をハードタイヤ1セットで乗り切っている。

また、KERSを搭載しているマクラーレン勢が3列目に並んでいるのも興味深い。ニュルブルクリンクは1コーナーまでの距離があるため、スタートでのKERSは有効。奇数列からスタートするハミルトンがスタートでロケットスタートを決めれば、レース展開は複雑になるだろう。

ただし、明日は雨が予想され、降水確率は50%〜75%とされている。中国GPで示したように雨になればレッドブルの速さは際立っている。

雨に強いスーティルが7番グリッドにいるのも興味深い。少なくともここでのパフォーマンスではフェラーリ勢を食っている

雨が降っても降らなければ、トラブルがなければマーク・ウェバーのF1初優勝がみられるかもしれない。あとは4番グリッドに沈んだベッテルがどのようなレースをみせるかに注目したい。

F1 ドイツGP マシン重量

グリッドドライバーチームマシン重量予想ピットイン予選タイム
1.マーク・ウェバーレッドブル661kg19周目1分32秒230
2.ルーベンス・バリチェロブラウンGP647kg13周目1分32秒357
3.ジェンソン・バトンブラウンGP644kg12周目1分32秒473
4.セバスチャン・ベッテルレッドブル661kg19周目1分32秒480
5.ルイス・ハミルトンマクラーレン654kg16周目1分32秒616
6.ヘイキ・コバライネンマクラーレン664kg20周目1分32秒859
7.エンドリアン・スーティルフォース・インディア678.5kg26周目1分34秒316
8.フェリペ・マッサフェラーリ673.5kg24周目1分34秒574
9.キミ・ライコネンフェラーリ674kg24周目1分34秒710
10.ネルソン・ピケJr.ルノー676kg25周目1分34秒803
11.ニック・ハイドフェルドBMWザウバー681kg27周目 
12.フェルナンド・アロンソルノー668.2kg21周目 
13.中嶋一貴ウィリアムズ683.6kg28周目 
14.ヤルノ・トゥルーリトヨタ683.7kg28周目 
15.ニコ・ロズベルグウィリアムズ689.6kg30周目 
16.ロバート・クビサBMWザウバー673.5kg24周目 
17.セバスチャン・ブエミトロ・ロッソ674.5kg24周目 
18.ジャンカルロ・フィジケラフォース・インディア662.5kg19周目
19.ティモ・グロックトヨタ662.3kg19周目 
20.セバスチャン・ブルデートロ・ロッソ689.5kg30周目 


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1ドイツGP