F1 バルセロナテスト 初日
2015年の2回目のプレシーズンテストが19日(木)、スペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットでスタートした。

今回のテストには、フォース・インディアが加わり、全9チームで実施。ただし、フォース・インディアは、カラーリングを今季用に変更した2014年F1マシンでの参加となっている。

初日午前中のトップタイムを記録したのは、ザウバーのフェリペ・ナスル。56周を走行して1分27秒307というタイムを記録した。

2番手タイムは、レッドブルのダニエル・リカルド。序盤はトラブルで走行できなかったレッドブルだが、18周を走行して、トップから0.056秒差の1分27秒363を記録した。

3番手タイムは、パストール・マルドナド(ロータス)が記録。マルドナドは、開始25分と1時間35分にターン5でストップし、2度の赤旗を出した。

4番手タイムはマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、5番手タイムはキミ・ライコネン(フェラーリ)が記録した。

6番手タイムは、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが記録。ヘレステストではまともなタイムアタックができなかったマクラーレン・ホンダだったが、午前中に21周を走行。フェラーリから約0.1秒差となる1分28秒182を記録した。しかし、その後、MGU-Kが故障。エンジン交換が必要となり、初日のテストを早々に切り上げることになった。

5番手タイムは、フォース・インディアのテストに参加したパスカル・ウェーレイン。メルセデスのルイス・ハミルトンが11周を走行しただけで体調不良でテストを切り上げたため、午後からはパスカル・ウェーレインがメルセデスに乗り換え、フォース・インディアはセルジオ・ペレスが走行を担当する。

ウィリアムズは、テストドライバーのスージー・ヴォルフが午前中最多となる77周を走行して8番手タイムだった。

2015年 F1バルセロナテスト1回目 初日/午前

順位ドライバーコンストラクターズマシンベストタイム周回
1フェリペ・ナスルザウバーC341分27秒30755
2ダニエル・リカルドレッドブルRB111分27秒36318
3パストール・マルドナドロータスE231分27秒51048
4マックス・フェルスタッペントロ・ロッソSTR101分27秒95135
5キミ・ライコネンフェラーリSF15-T1分28秒06429
6ジェンソン・バトンマクラーレンMP4-301分28秒18221
7パスカル・ウェーレインフォース・インディアVJM071分28秒32938
8スージー・ヴォルフウィリアムズFW371分29秒40077
9ルイス・ハミルトンメルセデスW061分30秒42911


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果