F1レース結果の2012年06月のF1情報を一覧表示します。

F1 ヨーロッパGP 決勝:ドライバーコメント

2012年6月25日
F1 ヨーロッパGP 決勝
2012 FORMULA 1 GRAND PRIX OF EUROPE

F1ヨーロッパGP 結果:フェルナンド・アロンソが今季2勝目!

2012年6月24日
F1ヨーロッパGP 結果
F1ヨーロッパGPの決勝レースが24日(日)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

優勝は、地元スペインのフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)。これまで7レースで7人のウィナーが生まれていた今年のF1で、フェルナンド・アロンソが2勝目を挙げ、チャンピオンシップ首位に躍り出た。

2位にはキミ・ライコネン(ロータス)、3位にはミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)が入り、F1復帰後初となる表彰台を獲得した。

F1 ヨーロッパGP 予選:ドライバーコメント

2012年6月24日
F1 ヨーロッパGP 予選
2012 FORMULA 1 GRAND PRIX OF EUROPE

F1ヨーロッパGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2012年6月23日
F1ヨーロッパGP 予選
2012年 F1ヨーロッパGP 予選が23日(土)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。ベッテルは今季3度目のポールポジション。バレンシアでは3年連続、通算33回目。

2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはパストール・マルドナド(ウィリアムズ)が続いた。

F1ヨーロッパGP フリー走行3回目:ジェンソン・バトンがトップタイム

2012年6月23日
F1ヨーロッパGP フリー走行3回目
F1ヨーロッパGP フリー走行3回目が23日(土)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

晴天となった土曜日のバレンシア。フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはマクラーレンのジェンソン・バトン。2番手にはロマン・グロージャン、3番手にはキミ・ライコネンとロータス勢が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、11番手タイムでセッションを終えた。

F1ヨーロッパGP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2012年6月22日
F1ヨーロッパGP フリー走行2回目
F1ヨーロッパGP フリー走行2回目が22日(金)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、そして3番手には小林可夢偉(ザウバー)が続いた。

F1ヨーロッパGP フリー走行3回目は、明日23日(土)の日本時間18時(現地時間11時)から行われる。

F1ヨーロッパGP フリー走行1回目:パストール・マルドナドがトップタイム

2012年6月22日
F1ヨーロッパGP フリー走行1回目
2012年 F1第8戦 ヨーロッパGPのフリー走行1回目が22日(金)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

3戦連続の市街地レースの最後となるF1ヨーロッパGP。だが、高速なサーキット特性のため、他とは異なるレース展開が予想される。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、ウィリアムズのパストール・マルドナド。2番手にはセバスチャン・ベッテル、3番手にはマーク・ウェバーとレッドブル勢が続いた。

F1 カナダGP 決勝:ドライバーコメント

2012年6月11日
F1 カナダGP 決勝
FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2012

F1カナダGP 結果:ルイス・ハミルトンが今季初優勝!

2012年6月11日
F1 カナダGP 結果
2012年 第7戦 F1カナダGPの決勝レースが10日(日)、モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。

優勝は、2番グリッドからスタートしたマクラーレンのルイス・ハミルトン。開幕から7戦で7人目のウィナー誕生となった。

2位にはロマン・グロージャン(ロータス)、3位にはセルジオ・ペレス(ザウバー)が続いた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム