F1レース結果の2011年02月のF1情報を一覧表示します。

F1バルセロナテスト最終日:フェリペ・マッサがトップタイム

2011年2月22日
F1 バルセロナ 合同テスト
F1バルセロナ合同テストが21日(月)、スペインのカタロニア・サーキットで最終日を迎えた。

この日はヒスパニア・レーシングは走行を行わず、11チームがテストを実施した。

最終日のトップタイムを記録したのはフェラーリのフェリペ・マッサ。4日間のバルセロナテストの最速タイムで、唯一の1分22秒台となる1分22秒625というタイムをマークしてテストを締めくくった。

F1バルセロナテスト3日目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2011年2月21日
F1 バルセロナ 合同テスト
F1バルセロナ合同テストの3日目が20日(日)、バルセロナのカタロニア・サーキットで行われた。

3日目のセッションはウェットコンデョションでスタート。だが、午前のセッション終盤には路面状況はドライへと移行し、午後からは各チームがスリックタイヤでタイムを刻んでいった。

トップタイムを記録したのはメルセデスGPのニコ・ロズベルグ。これまで91周を走行し、これまでのバルセロナデストの最速タイムとなる1分23秒168秒を記録した。

F1バルセロナテスト2日目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2011年2月20日
F1 バルセロナテスト 2日目
F1バルセロナ合同テストの2日目が19日(土)、バルセロナのカタロニア・サーキットで行われた。

2日目のコンディションはドライ。2日目のテストでは、ヒスパニア・レーシングがレースドライバー候補のヴィタントニオ・リウッツィ、チーム・ロータスがリザーブドライバー候補のリカルド・テイシェイラをテストに参加させた。

F1バルセロナテスト初日:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2011年2月19日
F1 バルセロナテスト
F1合同テストが18日、スペインのカタロニア・サーキットでスタートした。

今回のテストには全12チームが参加。前日に雨により、セッションはウェット状態でスタートしたが、正午近くにはドライへと変化した。

トップタイムを記録したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。セッション終盤にショートランを行ったベッテルは、2番手タイムに1秒以上の差をつける1分24秒374を記録。スーパーソフトタイヤを装着してのタイムとみられる。

F1ヘレステスト最終日:ルーベンス・バリチェロがトップタイム

2011年2月14日
F1 ヘレステスト 最終日
F1ヘレステストが13日(日)、スペインのヘレス・サーキットで最終日を迎えた。

日曜日のコンディションは曇り。セッション終盤には雨もパラついた。最終日ともあり、多くのチームがロングランをこなしていた。

最終日のトップタイムを記録したのはウィリアムズのルーベンス・バリチェロ。午前中に記録した1分19秒832は今回のヘレステストの最速タイムだ。

F1ヘレステスト3日目:ニック・ハイドフェルドがトップタイム!

2011年2月13日
F1 ニック・ハイドフェルド
F1ヘレステスト3日目が12日(土)、スペインのヘレス・サーキットで行われた。

トップタイムを記録したのは、ロータス・ルノーGPから参加したニック・ハイドフェルド。86周を走行したハイドフェルドは1分20秒361をマーク。その他の周回でも安定したラップを刻み、初めて乗り込んだR31にも関わらずベテランらしい順応性の高さとパフォーマンスを示した。

F1ヘレステスト2日目:ミハエル・シューマッハがトップタイム

2011年2月12日
F1 ヘレステスト 2日目
F1ヘレステスト2日目が11日(金)、スペインのヘレス・サーキットで行われた。

2日目のトップタイムを記録したのは、メルセデスGPのミハエル・シューマッハ。W02で112周を走り込んだミハエル・シューマッハは、極端に軽くはない燃料で1分20秒352を記録した。

2番手タイムはフェラーリのフェリペ・マッサ。フェラーリはこの日最多となる116周を走り込んだ。

F1ヘレステスト初日:フェリペ・マッサがトップタイム

2011年2月11日
F1 ヘレステスト 初日
F1合同テストが10日(木)、スペインのヘレスサーキットでスタートした。

ヘレステストにはヒスパニア・レーシングを除く11チームが参加。今回のテストでは全チームが2011年マシンでテストを実施。参加した全チームが、日曜日に負傷したロバート・クビサに「Szybkiego powrotu do zdrowia Robert(早く良れなれ、ロバート)」との応援メッセージを掲載してテストに臨んだ。

F1バレンシアテスト最終日:ロバート・クビサがトップタイム

2011年2月4日
F1 バレンシアテスト
3日間にわたるF1バレンシアテストが、3日(木)に最終日を迎えた。

最終日のトップタイムを記録したのは、ロータス・ルノーGPのロバート・クビサ。革新的な排気システムを搭載するR31で3日間のトップタイムとなる1分13秒144を記録した。クビサは1分13秒台を3度記録しているが、いずれも3周走行の1周目に記録。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム