F1レース結果の2008年07月のF1情報を一覧表示します。

F1ヘレステスト最終日:ヘイキ・コバライネンがトップタイム

2008年7月26日
ヘレステスト最終日(画像)
F1 ヘレステストが25日(金)、最終日を迎えた。

最終日となる今日は、フェラーリが噂されていたシャークフィンを遂に導入。この日はトヨタも、この背びれ型エンジンカバーをシルバーストンテストに続き、再びテストした。

最終日のトップタイムを記録したのは、マクラーレンのヘイキ・コバライネン。マクラーレンは、この日も新しいノーズホーンをテストしたが、コバライネンのこのタイムは、それらを装着していない走行で記録された。マクラーレンは、このノーズコーンをハンガリーGPで使用するかについてはまだ決定はしていないようだ。

F1ヘレステスト3日目:マーク・ウェバーがトップタイム

2008年7月25日
ヘレステスト3日目(画像)
F1 ヘレステストの3日目が24日(水)、スペインのヘレスサーキットで行われた。

3日目も全10チームが参加。この日は、マクラーレンがノーズホーン、ホンダが背びれエンジンカバーを登場させ注目を集めた。また、先のドイツGPで大クラッシュを喫したティモ・グロック(トヨタ)が、コックピットに戻った。

3日目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのマーク・ウェバー。2番手のネルソン・ピケJr.(ルノー)にコンマ2秒差となる1分19秒176を記録。ウェバーとピケJr.は、どちらもスリックタイヤでタイムを記録している。

F1ヘレステスト2日目:再びセバスチャン・ベッテルがトップタイム

2008年7月24日
F1 ヘレステスト2日目
F1 ヘレステストの2日目が23日(水)、スペインのヘレスサーキットで行われた。

2日目は、初日を欠席したフォース・インディアが加わり、全10チームがテストを行った。

2日目のトップタイムを記録したのは、初日に引き続きセバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)。この日唯一の1分18秒台となる1分18秒843を記録。この日は、5人のドライバーがスリックタイヤをテストしたが、ベッテルは全セッションでスリックタイヤを使用した。

F1ヘレステスト初日:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2008年7月23日
F1ヘレステスト初日:セバスチャン・ベッテルがトップタイム
F1合同テストが22日(火)、スペインのヘレスサーキットがスタートした。

初日はフォース・インディアを除く9チームが参加、トロ・ロッソとトヨタを除く7チームは、テストドライバーが参加した。

トップタイムはトロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルが1分19秒844。2番手にはコンマ3秒遅れでマクラーレンのゲイリー・パフェット、3番手には、フェラーリのルカ・バドエルが続いた。

F1第10戦ドイツGP決勝 (ドライバーコメント)

2008年7月21日
2008年 F1ドイツGP決勝 ドライバーコメント
FORMULA 1 Grosser Preis von Deutschland 2008

1位 ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
「今日は何もかもうまく行った。わずか7周で23秒のリードを稼ぎ出せと指示された時は、限界を超えなければならないなと思ったが、やり遂げることができた。今週末はマクラーレン・メルセデスがベストマシンだったので、プッシュしても余裕を感じていた。だから絶対にできる、と思っていたのも事実だ。最終スティントは、僕にとって雌雄を決する戦いだった。セーフティカーが入った時に、ピットに入るべきかどうかチームに訊ねたが、ベストの戦略を採ってくれると信じていた。必ずしもその戦略がうまく行ったわけではないが、今日のマシンフィールならどんどんプッシュできるとも思っていた。ヘイキは、こちらの方が速いと分かっていた。抵抗せずにいてくれたヘイキに感謝したい。フェリペ(マッサ)のスリップに入って完璧にパスできた時は、これで仕事は終わった、と確信した。同じことをネルソン(ピケJr.)に繰り返せばいいと分かったからね。今日の勝利を導いてくれたのは、スタッフのハードワークにほかならない。天狗になってはならないが、努力は必ず報われることは覚えておいていいだろう。今日は完璧なレースだった」

F1第10戦ドイツGP:優勝はハミルトン、ピケJr.が2位表彰台

2008年7月20日
F1 ドイツGP 決勝
2008年F1第10戦 ドイツGPの決勝レースが20日(日)、ホッケンハイムリンクで行われた。

レースは中盤に、トヨタのティモ・グロックが大クラッシュ。セーフティカーが導入され、戦略に大きな影響を与えた。

優勝は、マクラーレンのルイス・ハミルトン。メルセデス・ベンツの地元ドイツで見事な走りを見せた。2位にはルノーのネルソン・ピケJr.が入り、自身初のF1表彰台を獲得した。3位にはフェラーリのフェリペ・マッサが入った。

F1第10戦ドイツGP予選 (ドライバーコメント)

2008年7月20日
2008年 F1ドイツGP予選 ドライバーコメント
FORMULA 1 Grosser Preis von Deutschland 2008

1位 ルイス・ハミルトン (マクラーレン)
「なんてラップだろう!Q3での最初の走行は悪くなかったけど、最後のラップはとてもスムーズで、もっと良いタイムを予想していた。風が今日のコンディションをかなりトリッキーなものにしたし、時々レーシングラインに留まるのが難しかったんだ。特にスタジアムセクションでは、向きが何度も変わった。チームはこのコンディションに適応するために本当に素晴らしい仕事をして、完璧なマシンを準備してくれた。僕たちは週末ずっと速くて一貫していた。僕たちは良いペースだし、明日は自信があるよ。」

F1第10戦ドイツGP 予選:ハミルトンがポールポジション

2008年7月19日
F1ドイツGP予選
2008年F1第10戦 ドイツGPの予選が19日(土)、ホッケンハイムリンクで行われた。

ポールポジションは、マクラーレンのルイス・ハミルトン。今季3度目のポールポジションを獲得した。

2番手にはフェラーリのフェリペ・マッサ、3番手にはマクラーレンのヘイキ・コバライネンが続いた。

F1第10戦ドイツGP フリー走行3回目:コバライネンがトップ

2008年7月19日
F1ドイツGP フリー走行3回目
2008年F1第10戦 ドイツGPのフリー走行3回目が19日(土)、ホッケンハイリンクで行われた。

雨が予報された午前中だったが、終始、ドライコンディションで行われた。

トップタイムを記録したのは、マクラーレンのヘイキ・コバライネン。2番手はフェラーリのフェリペ・マッサ。マッサは、このタイムをハード側のタイヤで記録している。3番手には、マクラーレンのルイス・ハミルトンが続いた。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム