中国人ドライバーの周冠宇 「F1への最後のステップが最も難しい」
周冠宇は、中国人ドライバー初のF1ドライバーになるという夢に近づいているが、その“最後のステップが最も難しい”と語る。

自身のモータースポーツキャリアについて周冠宇は「4~5歳のときにすでに車のおもちゃに夢中になっていて、いつも誕生日プレゼントに車をねだっていた」と AP通信 のインタビューで語った。

「ある日、7歳のときに屋内カートに行って、初めて実際に本格的なカートをドライブした。初めて試して、本当に大好きになった」

その後、周冠宇は、2012年にカートチームの拠点であったイギリス北部の都市シェフィールドに引っ越した。

「中国の学校で勉強する英語は、実際に人々や実生活で話すものとはまったく異なるものなので、当時はうまく英語を話せなかった」と周冠宇は振り返る。

「だから、僕にとってはすべてが空っぽだった。何もわからなかったし、レッスンを理解するのは本当に困難だった」

英国から一時的に上海に戻ってきた周冠宇は、フェラーリの注目を集め、2014年から2018年まで有名なドライバーアカデミーに所属していた。

その後、周冠宇は2019年にルノー・スポール・アカデミーに参加し、F1チームの開発ドライバーに指名された。

昨年、周冠宇はアブダビでのヤングドライバーテストでルノーのF1マシンをテスト。そこで彼はガレージを彼のアイドルの1人である2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソと共有した。

2019年にUNI-Virtuosi Racingから参戦したF2でのデビューシーズンで、周冠宇はルーキーで最高成績となるチャンピオンシップで7位でシーズンを終えた。

新型コロナウイルスのパンデミックによって混乱した昨シーズン、周冠宇はロシアのソチでのスプリントレースでF2初勝利を収めた。

多くの専門家は、周冠宇がF1にステップアップするのは時間の問題だと考えている。

しかし、周冠宇は、F1で運転するためのスーパーライセンスに必要な十分なポイントを獲得するために、より多くのF2の成功を必要としている。

「今年の主な目標は、スーパーライセンスを取得し、F1に空席ができた場合に備え、そのチャンスを掴むことだ」と5月に22歳になる周冠宇は語った。

「それが僕の夢だけど、いつ起こるかは正確には言えない。でも、中国人ドライバーとしてF1に参加するこれまでで最も近いことは間違いない」

「でも、最後のステップは最も困難だ。スーパーライセンスだけでなく、参加するチャンスやシートが開いている必要があるからね」

2021年にアルピーヌF1に名前を変えたルノーには空席ができたが、それはフェルナンド・アロンソが埋めることになった。

周冠宇は、12月にアブダビでフェルナンド・アロンソと一緒にテストをした経験は、F1に到達する道のりで非常に重要だったと語る。

「彼は僕に多くのヒントを与えてくれたし、チームにも多くのアドバイスを与えていた」と周冠宇は語る。

「ドライビングだけでなく、マシンのセットアップ方法、長いレース中のバッテリー開発の管理方法、予選でのマシンのパフォーマンスを向上させる方法など、たくさんのことを教わった」

周冠宇は、中国の先駆者になるプレッシャーに対処することについてフェルナンド・アロンソと話はしなかったが、特に上海のホームトラックにいるとき期待を感じると語る。

「2019年に中国GPに行ったとき、みんなが『2年後にF1で会おう』と言っていたのを覚えている。それは僕に後押しを与えてくれた。国は、僕の夢と中国のモータースポーツファンの夢を達成するためにサポートしてくれている」

幼い頃に2004年に上海で開催されたF1レースを初めて観戦した周冠宇は、自分の実力だけではそれが実現しないことをよく知っている。

中国はF1の主要な成長市場だが、世界で2番目に大きな経済を打ち破ろうとするF1にはホームスターが必要だ。

周冠宇は、自分がF1に参戦できれば「スポーツをフォローしている人だけでなく、あらゆる場所の人、多くの人にそれを知ってもらうことができるだろう」と語った。

「それは以前に中国で起こったことがある。誰かが最初に何か良いことを成し遂げたとき、人々はそのスポーツをもっとフォローし始める。僕もその人になれることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー