ルノーF1、レーシングポイントの“ピンク・メルセデス”に問題提起
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、レーシング・ポイントF1チームの2020年F1マシンへのアプローチに公然と疑問を投げかけた。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によってF1は機能停止状態となっているが、それはパドックで“ピンク・メルセデス”と呼ばれるレーシング・ポイントF1チームの新車RP20への問題視を止めることはない。

メルセデスF1チームとの関係、およびチームオーナーのローレンス・ストロールとトト・ヴォルフの密接な関係に関わらず、レーシング・ポイントF1チームは、2019年にメルセデスがタイトルをW10の写真に基づいてマシンを設計したと主張している。

「彼らはコピーしたことを非常に正直に言っているのはわかっている」とシリル・アビテブールは Canal + に言った。

「誰かがすべてをコピーしたことを誇らしげに宣言するのは、少なくとも私がF1で働いた数年間で初めてと言わなければならない」

「芸術作品を偽造し、自分の作品に満足していると言うアーティストと比較することができる」

シリル・アビテブールは、レーシング・ポイントF1チームが競争力のあるマシンを写真だけに基づいて組み立てることができるわけではないと疑っている。

「彼らに素晴らしい写真家がいるのは確かだろうね」とシリル・アビテブールは微笑む。

「問題は、オープンな情報に基づいて、そのような複雑なエンジニアリングソリューションを非常に正確に再現できるかどうかだ。結局のところ、レーシング・ポイントのマシンは非常にうまく機能している」

「私はこのアイデアをさらに発展させるつもりはないが、我々はこのような問題提起を続けていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / レーシングポイント