ルノー
ルノーのカルロス・タバレスCOOが辞任。ルノーのF1プログラムに影響が及ぶ可能性が報じられている。

ルノーのレーシング部門であるルノー・スポールF1は、ワールドチャンピオンのレッドブルを含め複数のF1チームにエンジンを供給しているが、ルノーはカルロス・タバレスCOOが“個人的プロジェクト”を追求するために退職すると発表した。

ルノーは「ルノーの産業的・商業的業績を強化するため、経営組織の改編が間もなく決定・発表される」と述べた。

Business Standard によると、モータースポーツのファンだったタバレスの退職は、ルノーの“欧州市場”における自動車事業の“苦戦”と重なるという。

また Racecar Engineering は「今回のリーダーシップの交代はほぼ間違いなくルノーのモータースポーツ活動に何らかの影響を及ぼすだろう」と報じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー