レッドブルF1首脳 「ミック・シューマッハはそもそも構想外」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ミック・シューマッハが2023年のレッドブル・レーシングのリザーブドライバーとして考慮されることはなかったと主張している。

困難な2シーズン過ごした後、ハースF1チームのレースシートを失った23歳のミック・シューマッハは、2023年のメルセデスF1のリザーブドライバーに強く結びついている。

元F1ドライバーのマーク・シュラーは、ミック・シューマッハのメルセデスでの役割についての質問に「2人のレースドライバーのうちの1人が病気になった場合に彼が得る可能性を想像してみてほしい」とChamp1に語った.

「突然、彼はおそらく最高のドライバーの一人とレースをしているだろう」

しかし、マーク・シュラーは、ミック・シューマッハが2022年に「弱かった」こともあると認めた。

レッドブルは、2023年の“サードドライバー”としてダニエル・リカルドと契約したが、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ミック・シューマッハはリザーブドライバー/ザードドライバーの役割を考慮されなかったことには別の理由があったと語る.

「ノー。彼はずとフェラーリのプログラムの一部だったので、我々にとって決して選択肢ではなかった。それが我々にとって彼が興味のない理由だ」とヘルムート・マルコは Sport Bild に語った.

「特に、我々のリザーブドライバーは、米国で多くのスポンサーイベントに参加しなければならない。したがって、リカルドはプロフィールとイメージを備えた適切な人材だ」

皮肉なことに、ミック・シューマッハは、フェラーリのドライバーアカデミーとしての立場も失うとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ミック・シューマッハ