レッドブルF1、新しい風洞は必要とせず?「F1のCFD技術のベンチマーク」
レッドブル・レーシングは、新しい風洞に取り組んでいるが、それはチームのポジションを強化するだけだ。Auto Motor und Sportは、メルセデスがライバルであるレッドブルが有しているかなりの強みを特定したと報告している。

故ディートリッヒ・マテシッツの要請により、レッドブル・レーシングはミルトン・キーンズに新しい風洞を建設している。ベッドフォードにある現在の風洞はかなり古く、新しいレギュレーションでますます多くの問題を引き起こし始めている。

F1チームは、CFDと風洞の使用が制限されており、レッドブルは古い機器の効率の悪さを許すことはできない状況となっている。

しかし、最先端の風洞の欠如は、レッドブル・レーシングの現在のパフォーマンスには現れていない。

レッドブル・レーシングは、コンピューターデータの活用で先を行っており、風洞はほとんど必要なくなったと言われている。

Auto Motor und Sportによると、メルセデスは「レッドブルがCFDにおけるF1のすべてのものの物差し」であることを認識していると報道。

さらに、メルセデスはレッドブルの別の強みを発見。実際、最先端のセンサーを使用することで、コース上の問題を読み取り、コンピューター内のデータに変換することが完全に可能になっている。したがって、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのチームは、2022年にポーパシングの問題を解決した最初のチームとなった。

ライバルチームは、しばらくの間バウンシングに苦戦し続けていたが、エイドリアン・ニューウェイのチームはすべてのサーキットでうまく処理できる車を開発した。

したがって、Auto Motor und Sportは、レッドブル・レーシングの2023年マシンであるRB19は主に優勢なRB18の進化形になると報告している。

主な問題は、風洞とCFDの時間制限が2023年のレッドブル・レーシングにどの程度の影響を与えるかだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル