レッドブルF1代表、予算上限の超過を否定 「提出物は上限を下回っている」
レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが2021年にF1の予算上限に違反してはいあにと主張する。

金曜日に、レッドブル・レーシングが2021年シーズンに遵守しなければならない1億4500万ドルの予算上限を超過したことを示唆する報告が現れた。

アストンマーティンは、違反の疑いで指名された2番目のチームだった。

F1チームは、6 か月前にFIA(国際自動車連盟)にアカウントを提出し、来週、FIAは各チームの証明書を申告し、新しい財務規則の範囲内での運用を確認する予定となっている。

予算上限を超過した場合の罰則は、罰金からチャンピオンシップからの追放にまで及ぶ可能性があるが 、クリスチャン・ホーナーはSky F1に対して、レッドブル・レーシングが2021年に違法に支出したことはないと確信していると述べた。

「我々が違反を認識していないのは確かだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「会計は3月に提出されている。FIAとの長いプロセスだった」

「話をしているので我々はそのプロセスのなかにいる。彼らはそのプロセスに正しく従っており、来週はそれらの証明書を申告するときだと思う」

「我々が提出したものは上限を下回っている。プロセスに従うのはFIA次第だ。現在、彼らはそれを行っている」

クリスチャン・ホーナーは、今後のシーズンでシステムが解決される前に、予算上限の新鮮な性質が最初のハードルをもたらすだろうと示唆した。

「必然的に、それはまったく新しい一連のレギュレーションであり、一連の非常に複雑なレギュレーションだ。ルールがどのように解釈され、適用されるかは、チーム間の主観的なものになる。年月が経つにつれて、物事は整理されると確信している」

「我々は提出物に自信を持っている。FIAが進行中だ。噂は常にある。大規模な侵害などにを耳にしたが、私はそういったことは認識していない」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが今年初めに決算を提出した後、FIAは予算上限について明確化さえしていると付け加えた。

「こんなことは初めてだ。我々はデューデリジェンスを行っているが、いずれにしろ監査を受けている。これは、監査と協力しており、それと同様のプロセスだ」

「少しF1に合わせたオーダーメイドだ。提出が行われた後も、明確化が行われている」

「プロセスがいかに未熟であるかはわかるだろうが、FIAはそれに懸命に取り組んでおり、できる限りのことをしている」

「理論的には、すべてのチームが影響を受ける。彼らは、提出されたすべてのチームのアカウントを調べただろう」

「それらはプロセスに従っており、その結論の日付は7月から9月に、そして現在は 10 月に変更された」

「それは大きな仕事であり、彼らが乗り越えなければならないことはたくさんある。我々は提出物に自信を持っているので、それ以外はFIAからの連絡を待つつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル