レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンとサインツのコンビは“有毒”だった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、当時、トロロッソでのマックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツJr.のパートナーシップはチーム内の雰囲気を考慮すれば「有毒」だったと語った。

マックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツJr.は、2015年にレッドブルのジュニアチームであるスクーデリア・トロロッソで一緒にデビューを果たした。二人ともレッドブルの育成ドライバープログラムを経て、F1に到達した。

マックス・フェルスタッペンは、49ポイントを獲得して、18ポイントのカルロス・サインツJr.を上回った。

翌年、マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングで結果を出せなかったダニール・クビアトに変わって、F1スペインGPでダニエル・リカルドのチームメイトに昇格し、初レースで有名な勝利を収めた。

カルロス・サインツJr.は、最終的に2017年末にレッドブルのF1プログラムを離れたルノーに移籍した。

「マックスがチームメイトだったのは彼(サインツ)にとって不運だった」とヘルムート・マルコはRed Bulletinのインタビューで語った。

「トロロッソの2人の間の雰囲気は非常に有毒だった。当時のセットアップでは彼を一緒に保つ方法がわからなかった。彼はルノー、マクラーレン、そしてフェラーリへと移籍した」

カルロス・サインツJr.は、モータースポーツの血統が高い家族の出身であり、カルロス・サインツSnr.は、彼のキャリアで2回の世界ラリー選手権のタイトルを獲得し、叔父のアントニオもラリードライバーだった。

ヘルムート・マルコは、カルロス・サインツJr.がモータースポーツのレジェンドの息子であるというイメージから逃れるために一生懸命努力しなければならなかったと感じている。

「彼は長い間、2回の世界ラリーチャンピオンである父親の影で生きてきた」とヘルムート・マルコは説明した。

「彼は、甘やかされて育ったレーシングドライバーの息子であるというイメージに不当に背負い込んでいたが、それどころか、カルロスは前進するために一貫して戦わなければならなかった」

ヘルムート・マルコは、2016年にマックス・フェルスタッペンをレッドブル・レーシングに昇格させるというチームの決定に対して「抗議」があったと付け加えたが、当時のサインツのケースは、フェルスタッペンが彼とガレージを共有したのは運が悪かったと説明した。

「カルロスが見落とされていると感じた人もおり、抗議があった」とヘルムート・マルコは語った。

「彼の成長も非常に良く、2人の違いはほとんどなかったが、経験が少ないにもかかわらず、マックスの方が速いドライバーだったので、彼をレッドブル・レーシングに移籍させることに決めた」

マックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツJr.

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / トロロッソ / カルロス・サインツJr. / マックス・フェルスタッペン