レッドブルF1代表 「技術指令がレギュレーション変更であってはならない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIA(国際自動車連盟)に2022年F1マシンのポーパシング(ポーポインズ現象)を軽減するための技術指令を明確にすることを求めており、そのような「レギュレーションの変更」はシーズン中に行われるばきではないと考えている。

以前にもクリスチャン・ホーナーは、この技術指令について懸念を表明している。FIAは、ドライバーの健康を保護するために、垂直振動の数値、つまり車が「バンシング」ができる量に制限を設けようとしている。

データはカナダグランプリの週末にFIAによって収集され、技術指令はF1フランスGP(7月22日~24日)の週末にから施工されるよう設定されている。

クリスチャン・ホーナーは、FIAがこのような新しいルールを導入することで、車のセットアップを根本的に変えることは、F1チームが自分の車をどのように走らせるかを実験する方法を制限することになり、スポーツが衰退するための「危険な道」であると信じている。

それと相まって、クリスチャン・ホーナーは、特定の詳細の欠如が問題になる可能性があると感じており、今週の金曜日にF1コミッションが会合するときに解決すべき重要な要素があると考えている。

2022年のレギュレーションに明示的に含まれていないレギュレーションを施工しようとしているFIAについてクリスチャン・ホーナーは「これは問題だと思わないか? そういったレギュレーションは明白である必要がある」とThe Raceに語った。

「時にはあまりに複雑な百科事典になってしまうことがあると思う。このようなことはレギュレーションの意図ではない。それは二元的なものだ。

「したがって、F1コミッションの会議では、議題について話し合うことがたくさんある。たぶん2時間では十分ではないだだろう」

クリスチャン・ホーナーは、RB18は新しいルールが設置されたときに「完全に準拠」しており、車の構造を変更する必要がないという彼の信念を強調。レッドブル・レーシングが新しい技術指令に対して完全な抗議を開始するかどうかについて直接的な答えを与えなかったが、FIAが関与する代わりに、F1チーム間で問題を修正できると感じていると語った。

「プロセスも話し合うべきだと思う。TD(技術指令)はレギュレーションの変更であってはならないからだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「そのためのガバナンスとプロセスがある。したがって、なぜ必要と考えられるのかを正確に説明する必要があると思う」

「このレース(シルバーストン)では、多くのポーポイズ現象が発生したようには見えなかった。したがって、チームはそれを解決できる。TDの介入は必要ないと感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン