元F1王者デイモン・ヒル 「レッドブルはライバルより戦術慣れしている」
1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは、レッドブル・レーシングがタイトル争いをするライバルよりも運営において鋭いと考えている。

レッドブル・レーシングは、コンストラクターズチャンピオンシップでフェラーリを76ポイントリードし、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキングで最も近い非レッドブルドライバーのシャルルル・クレールを49ポイントリードしている。

デイモン・ヒルは、2022年のF1タイトル争いがシーズン後半までにマックス・フェルスタッペン vs シャルル・ルクレールの戦いになると信じている。

現状を考えれば、それはシャルル・ルクレールの幸運とマックス・フェルスタッペンの不幸によってしかもたらされないかもしれないが、デイモン・ヒルは、シーズン後半にハラハラさせるような状況が起こる可能性があると信じている。

「チャンピオンシップの行方はマックスとシャルルの間にあると思う。それを実現するには、おそらくマックスがいくつかドロップアウトすることが必要だ」とデイモン・ヒルは Mirrorに語った。

「メルセデスが見逃した魔法を見つけることを除外してはいないが、歴史的な証拠を見ると、それは彼ら2人の間の戦いを指し示している」

「それは多くのポイントのように聞こえますが、2~3のスリップアップが必要なだけであり、それえ50ポイントが失われる。とても近い。どちらの方向にも振れる可能性がある」

「これまでのところ、フェラーリはメカニカルな故障でつまずいている。その数が多すぎる。しかし、マックスもシーズンの初めにそれに対処する必要があった」

しかし、デイモン・ヒルは、レッドブル・レーシングが優勝候補だと考える重要な特徴がある。それは、運用上および戦略的な鋭さだ。

レッドブル・レーシングは、モナコでフェラーリからの予想外の勝利を奪った。それは両ドライバーがフェラーリを抜くために行った積極的なタイヤ戦略のおかげだ。フェラーリはフロントローをロックアウトしていたが、レッドブルは1-3でフィニッシュしている。

「フェラーリのチームプリンシパルであるマッティア・ビノットは、カルロス(サインツ)がセーフティカーの枠内にとどめたカナダでの素早い思考でチームを非常に迅速に賞賛した」とデイモン・ヒルは語った。

「しかし、フェラーリはレッドブルに比べて少し扁平足のままだと思う」

デイモン・ヒルはF1での自分の時間を振り返り、次のように語った。

「ウィリアムズのことをレースをするエンジニアリングチームと呼んでいた。ベネトンはエンジニアリングをするレースチームだった」

「これには2つのパートがあり、レッドブルは非常に鋭いレースチームのように見える」

「彼らはアドバンテージを得るためには戦術的に戦わなければならなかったことを知っている。彼らは非常に場慣れしており、レース戦略を見て、迅速に対応し、代替案を立てるのが得意だ」

レッドブル・レーシングは、F1エンジンをホンダに乗り換えて競争力を高める前に、ルノーのF1パワーユニットを走らせながら個々のレースでの勝利を勝ち取るために一生懸命努力しなければならなかったことで、そのシャープネスはフェラーリとメルセデスを追い抜いたとデイモン・ヒルは考えている。

「他のチームはレッドブルほど優れていない」とデイモン・ヒルは語った。

「メルセデスは長い間フロントを走ってきたのでレッドブルほど独創的に考える必要はなかった。フェラーリも同じ状況にいると思う」

「彼らは自分たちの車を速くすることに集中してきた。彼らはレッドブルほどレース戦略を開発していない」

「それほど多くはないが、レッドブルはアブダビ(2021年)で行ったように、チャンスをつかんで巧妙なことをすることがあるようだ。残りのチームはほんの一瞬だが遅れている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル