レッドブルF1代表 「フェルスタッペンがチェッカーを受けてほっとした」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1サウジアラビアGPでのマックス・フェルスタッペンの勝利は、チームにとって最高の報酬だったと語る。

レッドブル・レーシングは、開幕戦F1バーレーンGPでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方がレース終盤にリタイア。燃料システムの問題を突き止めて修正するというハードな1週間の作業を強いられた。

マックス・フェルスタッペンは、F1サウジアラビアGPでシャルル・ルクレール(フェラーリ)をオーバーテイクして優勝。2戦目でようやくポイントテーブルに25点を刻んで、レッドブル・レーシングとともにタイトル防衛を開始した。

「ポイントが加えられるのは素晴らしいことだ」とクリスチャン・ホーナーはF1 Nationのポッドキャストに語った。

「先週末のバーレーンでの困難の後、チームの挽回は素晴らしかったと思う」

「1週間を通してファクトリーから受けたサポート、困難な状況でのメカニック、エンジニアによる車の作業ぶりは本当にファーストクラスだった」

「あのレースで、マックスは素晴らしい勝利を収め、最高の方法で彼らに報酬を与えた。我々とフェラーリとの間の非常に競争の激しいレースだった。本当に素晴らしいマージンだった」

マックス・フェルスタッペンの決定的なオーバーテイクの後もシャルル・ルクレールは応戦。クリスチャン・ホーナーは、レースの最後の数周を見るのが特に楽しくなかったことを認めた。

「チェッカーフラッグを見てほっとした。3周ほど前に見たかったね!」とクリスチャン・ホーナは言った。

マックス・フェルスタッペンは、タイミングの悪いセーフティカーがセルジオ・ペレスをリードから4位に転落させ、シャルル・ルクレールにアドバンテージを与えた後、レッドブル・レーシングのリードマンとしてのたすきを引き継いだ。

土曜日に初ポールポジションを獲得したセルジオ・ペレスは苛立ちを隠さなかったが、クリスチャン・ホーナーもレース展開には同情する。

「(チェコ(ペレス)にとっては本当に不運だった」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はスタートを決めて、レースをコントロールしていた。セーフティカーの介入がなければ、レースに勝っていただろう。だが、それらは有利に働くこともあれば、不利に働くこともある」

「彼にとって本当に競争力の高い週末だったし、彼は本当に不運だった。」

セルジオ・ペレスは取り乱していたか、それとも状況について哲学的だったかと質問されたクリスチャン・ホーナーは、彼は冷静なままだったと説明した。

「彼はがっかりしていたが、それについては冷静だった」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「彼は、我々にできることは何もなかったことを理解している。そして、週末全体を振り返れば、彼の初めての猛烈なポールポジションは、今週末から大きな自信を得るだろう」

「彼はレースでも速かったし、みんなをカバーしていたので、彼にとっては苛立たしいものだったが、それでも彼はそれから多くのものを得たと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン / F1サウジアラビアGP