「レッドブルF1は2022年マシンの開発を一切妥協していない」とアルボン
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めたアレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングは2022年F1マシン『RB18』の開発を一切妥協していないと語る。

2019年と2020年にレッドブル・レーシングでマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めたアレクサンダー・アルボンは、2021年1年間レッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーを務めた後、2022年にウィリアムズでF1グリッドに戻ってくる。

マックス・フェルスタッペンが激戦を制してタイトルを獲得した2021年F1シーズンをアレクサンダー・アルボンはガレージの近くで観察してきた。

「自分の時間の50%を2021年のマシン(RB16B)に費やし、残りの50%を2022年のマシン(RB18)に費やした」とアレクサンダー・アルボンはformel1.deに語った。

「チャンピオンシップが終わりに近づくにつれて、焦点はワールドタイトルを獲得することにさらにシフトした。その後、ジェッダとアブダビ周辺でいつもより一生懸命働いたけど、問題はなかったよ」とアレクサンダー・アルボンは微笑んだ。

アレクサンダー・アルボンは、2021年シーズン終盤に集中したことで、レッドブル・レーシングがまったく新しい技術規則で開発される2022年F1アmシンへの準備を妥協したとの見方を否定した。

「短期的にチャンピオンシップを獲得できるなら、それを目指さなければならない」とアレクサンダー・アルボンは主張した。

「でも、チームはそれについて賢明でした。また、ルールの変更に関しては、レッドブルは常にエイドリアン・ニューウェイとうまくやってきた。来に悪いポジションに陥ることはないだろう」とアルボンは語った。

アレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとして苦戦し、最終的には昨年はるかに経験豊富なセルジオ・ペレスに取って代わられました。

序盤はレッドブルF1のマシンに苦戦したセルジオ・ペレスが「マックスがメルセデスに行っていたとしても同じだっただろう」とmotorsport-magazin.comに語った。

「マシンはそれだけ違う。ラップタイムは非常によく似ているけど、それらのラップタイムを出す方法は完全に異る」

「以前にやっていたことが、ここではうまくいかなかった。だから、マシンに慣れるのに少し時間がかかってしまったけど、今ではここを本当にアットホームに感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン