レッドブルF1、メルセデスのF1エンジンについてFIAへの質問を継続
レッドブル・ホンダF1は、メルセデスのF1エンジンの目に見えるパワーゲインの答えを求めることを決して諦めてはいないと報じられている。

残り6ラウンドと、2021年のチャンピオンシップは佳境を迎えている。レッドブルが優先しているドライバーズ選手権では、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを6ポイント上回っているが、最近のレースではメルセデスが優位に立っている。

メルセデスF1は、前戦F1トルコGPでレッドブル・ホンダを快適に打ち負かし、メルセデスが直線スピードをどこで見つけているかについて、レッドブルを悩ませた。

レッドブルは当初、FIAに、アップデートされたメルセデスのF1エンジンを調査するよう要請した。だが、最近では、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、FIAは合法と判断しており、メルセデスで不正行為が行われていないことを受け入れなければならないと語っていた。

しかし、 Auto Motor und Sport は、それがレッドブル・ホンダがメルセデスについての質問するのをやめる準備ができているという意味ではないと報じている。

「世界選手権の2位のチーム(レッドブル・ホンダ)の測定によると、メルセデスはシルバーストン以来、特に加速するときにはるかに多くのパワーを動かしている。シルバーアローは、トルコのストレートでDRSを閉じていたときに、レッドブルがオープンにした状態よりも速かった」とマイケル・シュミットは述べた。

「チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、ライバルがどこかで何らかの形でパワーを見つけたことによってのみ、このパワーの向上を説明することができるとしている。ブリックスワースがグレーゾーンでフィッシングをしているのではないかと疑わっている」

「FIAへの最初の問い合わせはネガティブな反応を受け取った。しかし、レッドブルは問題を煮詰め続けている。ホーナーによれば、さらなる疑惑が調査されている」

「メルセデスは、エンジンはシーズンの初めから同一であると主張している。シーズンを通して、彼らはドライバビリティをいくらか改善しただけだとしている」

「ハンガリーGP以降、ウィリアムズとマクラーレンも急に改善したため、メルセデスは全般的に土曜日と日曜日にさらに多くのパワーをリリースしているという疑いが広まっている」

「エンジニアは次『エンジンのキャリブレーションに変更はない』と否定している」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスがこの段階で先行していると考える理由について「我々たちはルールの下で自分たちのマシンをよりよく理解している。そこがシーズン序盤に問題を引き起こしていた。 セットアップが異なるので、春夏よりスピードが速い」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス