レッドブル・ホンダF1、技術指令後に平均ピットストップで最下位に転落
レッドブル・ホンダF1は、FIA技術指令が発効されて以来、ピットストップにおけるF1のベンチマークから平均ピットストップタイムで最下位に転落した。

2秒を切る超高速レベルでピットストップが争われる時代になり、FIA(国際自動車連盟)は関連する安全上のリスクを軽減するためにF1ベルギーGPから新しい要件を実装した。

インテリジェントホイールガンには、リリースする前にホイールが固定されているかどうかの自動チェックを完了するソフトウェアが備わっている。

ホイールガンには、メカニックが押すためのリリースボタンがあり、ホイールナットが固定された後に信号を発し、ジャッキを下げることができるようになっていたが、ホイールナットが締められることを見越してボタンを押すことが標準的な慣行となっていた。

F1ベルギーGPで施行された技術指令では“ホイールナット締め”信号が発せられるまではそのリリースボタンを押すことができなくなり、その信号に反応してのみ押す必要があると規定された。

レッドブル・ホンダF1は、ピットストップにおいてF1の最速で、最も一貫したチームとしての地位を確立したおり、新しい指令はそれを遅くする試みであると考えられた。

それ以降の3つのイベントでは、それらの恐れは検証されることになった。レッドブル・ホンダは、ザントフォールト、モンツァ、ソチでも非常に速いピットストップは達成しているが、その信頼性は著しく低下した。

■F1ベルギーGP前
最速:1.88秒(1位) 平均:2.58秒(1位)

■F1ベルギーGP後
最速:2.15秒(1位) 平均:4.56秒(10位)

当然のことながら、技術指令後の最速ピットストップ時間はわずかに遅れているが、レッドブルはその点で依然としてベンチマークだ。ザントフォールトでは最速、モンツァとソチでは2番目に速いピットストップを実施している。

懸念は、一貫性が劇的に低下したことだ。F1ハンガリーGPまでのレッドブル・ホンダのエラー率は著しく低く、平均ピットストップ時間は2.58秒だった。

しかし、F1ベルギーGP以降の3つのグランプリでの平均ピットストップ時間は4.56秒と2秒遅くなり、全10チームでワーストとなっている。

これは、F1イタリアGPでのマックス・フェルスタッペン(11.1秒)とF1ロシアGPでのセルジオペレス(8.96秒)のスローストップが大きく影響している。

F1イタリアGPでのスローストップについて、レッドブル・ホンダF1はそれが人為的なミスであり、新しい技術指令の直接的な結果であると認めている。結果として、ルイス・ハミルトンとのコース上でのクラッシュに繋がった。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、シーズン途中にプロトコルが変更されたことは「迷惑」だといたが、F1ロシアGPでのセルジオ・ペレスの問題は技術指令の結果ではないと述べた。

「残念ながら、ホイールが外れるのがわずかに遅れ、スタンドにいる間にクラッチがリリースされたため、問題が悪化した」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

新しい技術指令の影響を判断するデータサンプルとなるレースは3回しかなく、レッドブル・ホンダF1が突然ピットストップが低レベルになったと非難できるわけではない。

ただし、初期の傾向は明らかだ。F1のパートナーであるDHLがまとめたデータによると、夏休み以降、3チームを除くすべてのチームの平均ピットストップタイムはアルファタウリ・ホンダ(0.05秒)、フェラーリ(0.03秒)、アルピーヌ(0.02秒)と逆にわずかに改善されている。

レッドブル・ホンダF1の平均ピットストップ時間の2.02秒の増加は、次に大きな増加のハース(0.91秒)よりもかなり悪い。だが、残りのシーズンではこの問題を解決し、夏休み前の水準に収束していくことだろう。

クリスチャン・ホーナーも「3連戦だったこともあり、ファクトリーで練習する時間が十分にとれかった。サーキットに到着してからもあまり練習する時間はない。まだ技術指令が導入される前のレベルに戻せるまで新しいシステムをマスターしていない」と語る。

しかし、レッドブル・ホンダF1が不幸な後退に見舞われたことは明らかだ。メルセデスの舞台裏での政治は、以前は明らかに有利だった領域をコントロールすることになった。

「(技術指令が)覆ることはないと思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「シーズン中の変更は決して素晴らしいことではない。だが、それはしょうがないことだ。誰にとっても同じなので、我々はそれを続けなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1