レッドブルF1代表 「アルボンの契約には2023年の買い戻しオプション」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、契約オープションで2023年にアレクサンダー・アルボンをチームがに戻すことができることを明らかにした。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にトロロッソでF1デビューを果たした後、シーズン途中に成績不振のピエール・ガスリーに代わってレッドブル・レーシングに昇格した。

しかし、2020年の終わりにセルジオ・ペレスの加入によってレースシートから外れ、今年はDTMでのレーススキルを維持しながら、シミュレーターでレッドブルの開発およびリザーブドライバーとして活躍した。

そして、今月、メルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任として、2022年にウィリアムズと契約を結んでF1復帰することが発表された。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンが将来のある時点でレッドブルに戻るための扉はまだ開いていると主張する。

「我々はアレックスと良好な関係を築いており、彼はレッドブルへのリンクを保持している。2023年に必要になった場合、彼のサービス(呼び戻すことができる)にはオプションがある」とクリスチャン・ホーナーは Formula1.com に語った。

「いずれにしろ、彼は来年の終わりに事実上契約を失っていたので、基本的に我々がしたことは、プロセスをスピードアップし、彼の将来のオプションを確保することだった」

クリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンがレースドライバーのラインナップから降格して以来、ミルトン・キーンズで脚光を浴びていないチームへの貢献に大きな功績を残したと語る。

「彼がシミュレーターで行った時間は正気ではない」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「それはすべて、今年我々がコース上で達成するために管理していることの一部であり、それに追加される」
「私が感銘を受けたのは、昨年のアブダビの後にレースシートについて知らされた瞬間から、彼がその役割をどのように受け入れているかだ」

「彼は舞台裏で素晴らしい仕事をした。彼は来年のマシンに深く関わっている」

「彼はウィリアムズの契約にサインした後も、夜遅くまでシミュレーターに戻って時間を費やした。我々はは今から年末まで彼と一生懸命に働いていく」

「来年は彼の意見を聞くことができあいが、(レッドブルジュニアドライバー)のユーリ・ヴィップスとリアム・ローソンは素晴らしい仕事をしている」

「我々はまだセバスチャン・ブエミと契約を結んでいます。ジェイク・デニスも我々のために素晴らしい仕事をしてくれているので、シミュレーションチーム内に力と深みがある」

ウィリアムズとレースに復帰するというアレクサンダー・アルボンの契約をまとめるのは簡単ではなかった。2つのチームのエンジンサプライヤーは異なる。つまり、厳格な機密保持ルールを設定する必要があった。

ウィリアムズは、メルセデスのF1エンジンを使用しているため、トト・ヴォルフは、ライバルであるレッドブルのドライバープログラムに所属するアレクサンダー・アルボンと契約するという決定を承認する必要があった。

「アルボンとウィリアムズとの新しい契約には非常に厳格で明確なIP機密保持条項がある」と先週トト・ヴォルフは語った。

クリスチャン・ホーナーも同様に、アレクサンダー・アルボンがホンダのF1パワーユニットに関する彼の親密な知識をウィリアムズに引き継ぐことを許可しなければならなかった。

クリスチャン・ホーナーは、2021年のアレクサンダー・アルボンのチームへの献身が「彼がF1に復帰するのを手伝うことに特に熱心だった理由の1つ」だったと説明した。

「我々の目的は、彼がより多くのF1マイレージと経験を積むことができる別のチームのシートを見つけるのを手伝うことだった。そして、ウィリアムズと一緒にそれを実現できたことをうれしく思う」

アレクサンダー・アルボンの共有できる技術的側面と共有できない技術的側面に関するさまざまな保護手段と制限について「私にはわかりません」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「物事は進行中だ。我々はそれらがどういうものであるかを待つ必要があるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン