マックス・フェルスタッペンのF1スペインGPでのピットミスは何故起こったのか? / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1は、F1スペインGPのマックス・フェルスタッペンのピットストップでらしくないミスを犯した。その時、何が起こっていたのか。元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンが説明した。

レッドブル・ホンダF1は2秒未満のピットストップでよく知られているが、F1スペインGPではらしくないミスを犯した。マックス・フェルスタッペンがピットに入った際にタイヤが準備されておらず、4秒以上を費やしてしまった。

マックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フェルスタッペンは、F1スペインGPでのミスはチームとドライバー間のコミニュケーションエラーだと考えており、双方が改善を目指していると語った。

「レース中、メルセデスは明らかに耳を傾けているので、彼らはできる限り無線を介した通信をしたくないと思っている」とヨス・フェルスタッペンは De Telegraaf に語った。

「マックスがスタートフィニッシュラインを越えたとき、彼はステアリングホイールに次のラップでストップする必要があると思わせるメッセージを目にした。その場合、最後のラップでできるだけ多くのタイムを稼ぐために100パーセントで走る」

「コミュニケーションはなかったが、マックスは入らなければならないことを知っていた。チームは次回コミュニケーションを改善する方法を考えるだろう。マックスはイモラでの予選中にミスを犯したと彼は認めている。問題は後から発覚したが、我々はそれを言い訳にはしたくはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP / マックス・フェルスタッペン