レッドブルF1幹部 「ペレスはクリーンエアではフェルスタッペンと互角」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バーレーンGP決勝のクリーンエアのなかではセルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンと互角の速さを見せていたと語る。

過去2年でピエール・ガスリーとアレクダンダー・アルボンがマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに近づくことに苦労したことで、レッドブルF1は、2007年にマーク・ウェバーを起用して以来、自分たちのタレントプール外に目を向けることを決断し、2021年のドライバーとして元レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスと契約した。

F1バーレーンGPでは、マックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した一方で、セルジオ・ペレスはQ2敗退で11番手、多くの人がペレスは前任者たちと同じように苦労すると考えた。

しかし、ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスにQ2でミディアムタイヤを履かせたことはチーム側のミスだったと擁護している。

「予選の2回目のセッションでは彼をソフトタイヤで走らせるべきだった。我々のミスだ」とヘルムート・マルコは RTL に語った。

「ペレスがミディアムタイヤでスタートできれば、戦略的な選択肢が残った。ペレスがミディアムタイヤで4番手か5番手からスタートしていたら、バルテリ・ボッタスを手こずらせていただろう」

「彼がソフトタイヤでスタートしていれば、ピットストップ戦略で多くの時間を失っていたので、メルセデスのドライバーへの攻撃は難しかっただろう」

セルジオ・ペレスは、決勝のフォーメーションラップでマシンがシャットダウンするトラブルに見舞われ、ピットレーンスタートを余儀なくされたことで事態は悪化の一途をたどった。

しかし、セルジオ・ペレスは素晴らしい挽回を見せて5位でフィニッシュ。他のどのドライバーよりも多くのオーバーテイクを成し遂げました。

ヘルムート・マルコによれば、セルジオ・ペレスはオーバーテイクだけでなく、クリーンエアでの走行ではマックス・フェルスタッペンと同じくらい速かったと語る。

「今年の最初のレースだったので、彼にとってそれに慣れることが主だった」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「クリーンエアで走っていた際にはペレスはフェルスタッペンと同じくらい速かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス / マックス・フェルスタッペン