レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンは批判を沈黙させた」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンはF1トスカーナGPでの表彰台で批判を沈黙させたと考えている。

思い切りのいいオーバーテイクなど非凡な才能をみせるアレクサンダー・アルボンだが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵することができず、次第にプレッシャーは高まっていた。

しかし、F1トスカーナGPでは待望のF1初表彰台を獲得。プレッシャーに対して答えを出してみせた。

「アレックスがF1キャリア初表彰台を獲得するのを見ることができて嬉しかった。今シーズンの彼には外部からプレッシャーがかけられている。メディアからのプレッシャーはひときわ強い」とクリスチャン・ホーナーはレッドブルの公式サイトで語った。

「しかし、マシンを降りている時のアレックスは本当にナイスガイだが、彼のメンタルは非常に強い。私が感心しているのは、アレックスがいつも必ずカムバックしてパフォーマンスを発揮してくれるところだ。決勝レースは特に素晴らしい。土曜日の予選が悪い内容で終わったら必ず自分を調整して日曜日に力強くカムバックしてくれる」

「アレックスは過去3レースで大きな伸びを見せるようになっている。彼は熟考してハードワークを重ねるタイプだ。細部まで分析し、マシンのフィードバックも遠慮せず正直に伝えてくる」

「また、アレックスはガッツのあるレーサーで戦い方を知っている。この特性は彼がレッドブル・レーシングに所属している理由のひとつだ。そして、ネバーギブアップのメンタリティを備えており、追い込まれても必ずカムバックする。これらは私たちがドライバーに求める資質そのものだ」

「ムジェロ・サーキットで彼を表彰台へ導いたダニエル・リカルドとセルジオ・ペレスを相手にしたオーバーテイクを振り返れば分かるはずだ。ダニエルはブレーキングが最も遅く、相手にするのが最も難しいF1ドライバーのひとりだ。そして、あの日は表彰台とシリルのタトゥーが懸かっていた(※)ので、ダニエルは絶対に抜かせたくなかったわけだが、そのダニエル相手にアレックスが見せたターン1のアウトサイドからのオーバーテイクは彼の勇気とレースクラフトを見事に示していた」
※:ルノーのチームプリンシパルを務めるシリル・アビデブールは、リカルドがルノーでの初表彰台を獲得したら人生初タトゥーを自分に入れる約束をリカルドと交わしている。

「今回の表彰台はアレックスに上手く作用するはずだ。どのドライバーも自分は表彰台を獲得できると思っているが、本当にそう思えるようになるのは実際に表彰台を獲得したあとだ。そのような実感がアレックスの自信を大きく高め、F1のシートを獲得している優秀なドライバーに相応しい風格を備える助けになることを願っている」

「また、アレックスは初めてF1の表彰台を記録したタイ国籍ドライバーになり、さらには2018シーズンのモナコGPで優勝したダニエル以来となる、あちら側のガレージ(フェルスタッペンではないガレージ)の表彰台獲得ドライバーにもなったので、彼のチームに素晴らしい功績をもたらすことにもなった。アレックスはチーム内で人望が厚く、全員と仲が良いので、誰もが彼の成功を望んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン