レッドブルF1首脳 「昨年ハミルトンはガスリーの降格を提唱していた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、最近のルイス・ハミルトンによるドライバー人事への批判に反論した。

ルイス・ハミルトンは、アレクサンダー・アルボンがマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしては不十分であることを示唆。また、F1イタリアGPで初優勝を果たしたピエール・ガスリーをレッドブルは不当に扱っていたと非難した。

だが、レッドブルF1のドライバープログラムを監督するヘルムート・マルコは、実際にはルイス・ハミルトンがピエール・ガスリーの2019年途中の降格を提唱していたと反撃した。

「2019年にルイスが我々に電話してきたわけではないが、飛行機で我々のチーム代表クリスチャン・ホーナーと話をして、アルボンをガスリーに代えてマシンに乗せることを勧めていたのは事実だ」とヘルムート・マルコは Sport1 に語った。

「それは夏休み後に我々が行った交代の前だった」

また、ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンによるアレクサンダー・アルボンへの批判を激しく批判した。

「我々は気にはしていないがね」とヘルムート・マルコは続けた。

「去年の夏に彼が追い出すことを望んだドライバーが、我々のアルファタウリ・ホンダでイタリアGPで勝った」

「ハミルトンが我々に助言する必要性を見つけ続けようとしている理由がわからない。だが、外部の人々がどんな意見を持っているかは我々には重要ではない」

ヘルムート・マルコは、当面はアルファタウリ・ホンダに留まると語った。

「我々は今後アルファタウリをさらに強くしたいと思っているし、それにはチームリーダーが必要だ」とヘルムート・マルコは語った。

ヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンを含め、マックス・フェルスタッペンのチームメイトになるのは簡単なことではないと語る。

「誰もがマックスと対峙すると消えてしまう」とヘルムート・マルコは語る。

「だが、アルボンへの批判は公平ではない。彼は今年不運だったし、我々は彼のパフォーマンスに影響を与える戦略的なミスを犯した」

「だが、状況を最適化できれば、彼は我々が求めているパフォーマンスを提供できるとまだ信じている。今シーズンはそうはなっていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン