レッドブル・ホンダF1、メルセデスのDASへの抗議を準備
レッドブル・ホンダは、F1オーストラリアGPでメルセデスがDAS(デュアル・アクシス・ステアリング)を使用して走行していた場合には抗議する態勢にあった。

メルセデスは、ドライバーはステアリングを押したり引いたりすることでフロントタイヤのトー角を変更するコンセプトを開発し、F1プレシーズンテストでそのデバイスが合法化どうかについての騒動を引き起こした。

メルセデスは、F1レギュレーションを巧みに利用したことを認めているが、情報筋によるとレッドブル・ホンダはDASが違法であることを確信しているとされている。

そのため、F1オーストラリアGPが通常通りに開催され、メルセデスがフリープラクティスでDASを使用した場合、抗議を申し立てていた。マシンの合法性はグランプリでレーススチュワードによって検証されいる。

FIAはすでに新しい2021年のF1技術規制では DASシステムが許可されないことを明確にするために動いている。

メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスは、チームはDAS走らせる予定であり、抗議される可能性のある脅威を評価する必要があると述べていた。

「僕たちは喜んでそれを走らせるだろうけど、それが奪われる可能性のあるリスクを計算するのはチーム次第だ」とバルテリ・ボッタスは語った。

「僕たちはDASを維持したいと思っている。大きなリスクがないのであれば、大きな問題はない」

一方、レーシングポイントのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは、関連する作業の規模と来年DASが禁止されるという事実のため、チームが今シーズンにマシンでDASシステムを追求する「チャンスない」と語る。

「これは大きな影響を与えるプロジェクトだ。現在の場所から新しいシャシーが必要になると思われるほど大きな影響を与える」とアンディ・グリーンは述べた。

「たとえ規則が来年変更されなかったとしても、今年にそのようなものを導入するかどうかは疑わしい。だが、規則は来年変更され、そのタイプのシステムは新しい規制で禁止されているように見える。その後チャンスはない」

「そのような小さなゲインは、できるならばやるだろうが、できないならやらない」

アンディ・グリーンは、DASの導入は、システムの余分な重量を他の場所で相殺できる場合にのみ機能し、すべてのトラックでラップタイムを提供する保証はないと付け加えた。

「利益の大きさは、走っているタイヤからトラック、マシンの基本的な取り扱いまで、多くの要因に依存するだろう」とアンディ・グリーンは語る。

「一部のトラックではほとんどメリットがないが、一部のトラックではコンマ数秒の価値があるかもしれない。それは変数だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1