F1 レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダは、2019年F1マシン『RB15』に昨年メルセデスが導入した革新的なホイールリム採用することを決定したと報じられている。

昨年、メルセデスはホイールリムに穴と溝が設けられたリアホイールを導入。しかし、フェラーリはリムの穴が空力パーツに関するレギュレーションに違反しているとしてFIA((国際自動車連盟)に抗議していた。

しかし、FIAは空力への影響は最低限だとしてメルセデスのホイールリムの設計を合法だと判断。これにより、今後のシーズンではメルセデスのものと類似したホイールリムがトレンドになると考えられている。

メルセデスは、リアタイヤに問題を抱えており、昨年の夏にホイールリムのソリューションを考え出した。気流を増やし、温度をコントロールして冷却を助けるために、ホイールリムに穴があけられた。

メルセデスは、フェラーリの抗議を恐れてシーズン最後の3戦では新しいホイールリムを使用しなったが、チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスの2019年F1マシン『W09』にそのホイールリムを採用することをすでに明らかにしている。

イタリアメディアによると、レッドブルはメルセデスの設計をコピーしようといると報道。ホンダのF1パワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングの2019年マシン『RB15』には“空力の鬼才”と称されるデザイナーのエイドリアン・ニューウェイが深く関与しており、革新的なホイールリムを搭載することを決定したという。

2019年にレッドブル・ホンダのドライバーを務めるマックス・フェルスタッペンは、エイドリアン・ニューウェイが本格的にマシンに関わることを歓迎している。

マックス・フェルスタッペンは「エイドリアン・ニューウェイが関与していることは常に非常に良いニュースだ」とコメント。

「もちろん、僕たちは優れたクルマを造らなければならない。そして、多くは新しいホンダのエンジンがどれくらいいいかにかかっているし、僕もホンダに期待している」

「でも、僕は現実的でいたいとも思っている。実際にパワーユニットがどれくらいの実力があるかは待たなければならない」

レッドブル・ホンダ RB15は、シャシー面だけでなく、エンジン面でも向上が図られることになる。

昨年までルノーのF1エンジンを搭載していたレッドブル・レーシングは、予選Q3でF1パワーユニットのセッティグからパワーブーストを得る“パーティモード”を備えるメルセデスとフェラーリに対して苦戦を強いられていた。

しかし、ホンダの新型パワーユニットには、メルセデスとフェラーリと同じように“パーティモード”が搭載されるとされるという。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「もう本格的な予選パワーブーストがあるので、ドライバーは常にスタートから挽回してくてもよくなる」とにコメント。

「我々は2019年にワールドタイトルを獲得する計画を立てている。我々はシーズンで5基のエンジンを使うことになると予想している。しかく、賢くペナルティを計画すれば、ダメージは小さくなる」

「ホンダのエンジンはすでにルノーのエンジンをわずかに上回っている。ホンダによって提供されたデータと我々のGPSデータを組み合わせれば、我々はメルセデスやフェラーリの領域に入ることになるだろう」

「もちろん、彼らだって眠っているわけではない。しかし、彼らはすでに非常に高いレベルになるし、もはやそのような飛躍を遂げることはできないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1