ラルフ・シューマッハの2010年01月のF1情報を一覧表示します。

メルセデス会長、ラルフ・シューマッハのリザーブ起用を否定

2010年1月19日
ラルフ・シューマッハ
メルセデス・ベンツのディーター・ツェッチェ会長は、ラルフ・シューマッハが2010年にメルセデスGPでリザーブドライバーに就任するとの噂を否定した。

ラルフ・シューマッハはF1への復帰を希望していることが報じられている。

F1で6勝を挙げ、2007年末にトヨタのシートを失ったラルフ・シューマッハは、ここ2年間ドイツのツーリングカーシリーズであるDTMにメルセデスのドライバーとして参戦している。

ラルフ・シューマッハ、ステファンGPと接触

2010年1月18日
ラルフ・シューマッハ
ラルフ・シューマッハが、ステファンGPのゾラン・ステファノビッチ代表と面会したとドイツのFocus紙が報じた。

同誌はラルフ・シューマッハが、2007年で終えたF1キャリアを再開したがっているとしている。

ステファンGPは、今年もしくは2011年のF1参戦を望んでおり、撤退したトヨタの2010年マシン、エンジン、ギアボックを買収。パッケージの名前を『S-01』と換え、FIA基準のクラッシュテストをパスしている。

ミハエル・シューマッハ、カート場を弟ラルフに売却

2010年1月9日
ミハエル・シューマッハ、カート場を弟ラルフに売却
ミハエル・シューマッハは、彼の地元ドイツ・ケルペンにあるカートトラックを弟のラルフ・シューマッハに売却するという。

しかし、売却してもカート場の名前は“Michael Schumacher Kart and Event Center”のままになるとドイツのBlidは報じている。

「ミハエルはF1に完全に集中している。カートセンターに充てる十分な時間がなくなることが理由だ」と関係者は語る。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム