2016 F1日本グランプリ 鈴鹿サーキット
ピレリは、2016年 第17戦 日本GPの各ドライバーのタイヤ選択を発表。トップ3チームではレッドブルがやや異なるタイヤ戦略を採っている。

2016年から新しいレギュレーションが導入され、ピレリは1レースにつき3種類のコンパウンドを用意。鈴鹿サーキットには、ハード、ミディアム、ソフトという組み合わせのコンパウンドが持ち込まれる。

メルセデスとフェラーリは、ドライバー間でハードとミディアムの数を分けており、ソフトタイヤはメルセデスが8セット、フェラーリが9セット選択している。

レッドブルは、ソフトが少な目の6セットとなり、ハードを4セット、ミディアムを3セット配分している。

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のみがミディアムを1セットのみとしているが、その他は概して同じようなタイヤ選択を行っている。

ピレリ F1日本グランプリ 鈴鹿関連:BSフジ、2016 F1日本GPのハイライト番組を放送

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1日本GP