ピエール・ガスリー 「アルファタウリのF1マシンは最低重量を13キロ超過」
ピエール・ガスリーは、アルファタウリF1が2022年シーズンに苦戦を強いられた場所を特定した。

2021年シーズンをコンストラクターズランキング6位で終えたアルファタウリだったが、2022年にレギュレーションが大幅に変更された結果、9位まで後退することになった。

新しいF1レギュレーションは、チームをコース上で近づけるために設計されており、アルファタウリは改善を望んでいた。

しかし、ピエール・ガスリーによると、アルファタウリは他のF1チームの開発速度に追いつくのに苦労したことで、平凡なフィニッシュに終わったと語る。

「前シーズンの後、僕たちは大きな期待を寄せていたし、勢いはそこにあった」とピエール・ガスリーはRacingNews365.comに語った。

「新しいレギュレーションはフィールドをより緊密にするはずだったし、アルファタウリの最高のシーズンへの希望は、シーズンの開始時ほど高くはなかった」

「今年の初めは調子が良くなかったけど、その時は心配していなかった。開発の戦いになたけど、それは僕たちにとってうまくいかなかった」

ピエール・ガスリーは、チームの開発不足により、年間を通して重い車を使用することになり、レース週末全体のパフォーマンスに波及効果があったと説明した。

「マシンは悪いというわけではなかったけど、我々はシーズンを通して極度の太り過ぎに苦しんできた」

「予選でかなりの犠牲を払ったし、それが期待通りのパフォーマンスを妨げた最大の問題だった」

「僕に言わせれば、僕たちはシーズンの初めからより良い車を持っていたが、12~13キロの余分な重量のために競争できなかった」

「予選で1周あたりコンマ3秒以上逃した。コンマ1秒足りなかったことで何回Q3を逃したか思い出せない」

「また、その重量はすべてレースに帰ってくる。バックパックを背負って走るようなものだ。重すぎる車でレースを開始すると、タイヤの摩耗が早くなり、毎回パフォーマンスが低下する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ