ピエール・ガスリー 「レッドブルのF1プログラムを離れる準備はできている」
ピエール・ガスリーは、契約が切れる2023年末でレッドブルのF1プログラムを離れる準備はできていると語る。

26歳のピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングで2度目のチャンスを得るために懸命に努力してきたが、セルジオ・ペレスの新しい2年契約は、2023年終わりまでのガスリーの契約の終了と重なっている。

「彼らの意図は非常に明確だ。彼らは僕をキープしたい」とピエール・ガスリーはバクーで言った。

「これまでに言われてきたことに追加するものは何もない。僕たち全員の願望がなんであるかを見極めようとしている進行中の議論だ」

「僕はもっと高いステージに進む準備ができていると感じている。でも、状況がもっと具体的になったときに、もっと言えることが出てくるだろう」

ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスをF1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンに次ぐ「セカンドドライバー」として継続するためにサインしたことに驚かなかったと語った。

「すでにしばらくの間それを知っていた」とピエール・ガスリーは明らした。

「それは物事の論理でもある。僕も馬鹿ではない」

「彼のプロフィール、彼のパフォーマンス、彼がもたらすお金に関連して。セカンドドライバーが提供するものを見れば、彼はそれを満たしている」

「彼は良いシーズンを過ごしているので、彼らにとってこのように続けることは理にかなっている」

「僕のキャリアとの関係、僕の野心、僕の欲求はまだ別の質問だ」

スクーデリア・アルファタウリに所属するピエール・ガスリーは、レッドブルのF1プログラムから離脱すると考えられており、マクラーレン、アストンマーティン、アルピーヌと暫定的に関連している。

「ヘルムート・マルコと僕の将来について話し合っている」とピエール・ガスリーは語った。

「僕たちは、全員にとって何が最善かを理解する必要がある。私たちはとても良い関係を築いている。彼らは子供の頃から僕のことを知っている」
「一方で、僕はチームの立場を理解している。でも、それはすべてそのままでなければならないという意味ではない。最終的には解決策が見つかると思う」

「僕の契約は2023年まで有効であり、その後はオプションを検討する準備ができている。現在、アレックス・アルボンがウィリアムズにいるように、レッドブルのサポートを受けて別のチームでドライブする準備はできている」

「レッドブルのプログラムを離れる準備ができているけど、詳しくは話したくない。見出しを作りたくない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ