ピエール・ガスリー、どれだけ絶好調でもレッドブルF1への復帰は無理?
元F1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンとデイモン・ヒルは、F1メキシコGPでのアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーのパフォーマンスを称賛するが、将来、再びレッドブル・レーシングに戻ることはないという意見で一致している。

ピエール・ガスリーは、F1メキシコGPで自ら“完璧な週末”とタグ付けする週末を過ごし、今シーズン4回目のトップ5フィニッシュとなる4位を獲得した。

ある意味で孤独な戦いとなったピエール・ガスリーだが、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツのフェラーリ勢を寄せ付けない走りをみせた。

ピエール・ガスリーの大ファンであるジェンソン・バトンは「彼は間違いを犯さなかったし、自分の仕事を終えているだけでよかった」とコメント。

「彼は2位のフェラーリの前で4位で孤独なレースをドライブしていたので、テレビで彼を見ることはなかった。でも、本当に印象的だった」

「フェラーリは今年を通してパフォーマンスを向上させている。彼らが多くの進歩を成し遂げている。しかし、彼らの前にはアルファタウリのピエール・ガスリーがいる」

ピエール・ガスリーは、理論的には2023年末までレッドブルと契約している。しかし、彼が来シーズンも好パフォーマンスを続けた場合、レッドブルは彼をレッドブル・レーシングに戻すか、もしくは良いオファーが来たら契約からリリースするかを選ぶかもしれない。

「問題は、彼がレッドブルに戻れないことだ。実際に戻るとは思わない」とジェンソン・ボタンは付け加えた。

「彼には来年の終わりにいくつかの選択肢があると思るけど、どこに行くのだろうか? アルピーヌかもしれない。おそらくメーカーにいたいと思うかもしれないからね。それが問題だ」

「現時点ではアルピーヌがアルファタウリに遅れをとっているかもしれないが、あのメーカーは将来的にはより良くなるはずだ。そうするための資金があるからね」

ジェンソン・ボタンと一緒に Sky F1の専門家を務めているデイモン・ヒルも同じように考えている。

「彼の能力と彼がこれまでに達成したことについて誰も疑いの余地はない」と1996年のF1ワールドチャンピオンは語った。
「一時的な急上昇によってレッドブルチームに移籍した。前にも言ったが、レッドブルチームは非常に厳しい環境だと思う。若いドライバーには権限がない」

「チェコはそこに行った。彼はマネジメントに対して少し自分自身を抑えることができると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ