ピエール・ガスリー 「メルセデスF1エンジン搭載車とのギャップは大きい」 / F1イタリアGP 予選
アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1イタリアGPの舞台であるモンツァでメルセデスF1エンジン搭載車に対して大きなストレートスピード不足に直面していると語る。

F1イタリアGPの予選でピエール・ガスリーは6番手タイムを記録したが、4番手にはランド・ノリス、5番手にはダニエル・リカルドとマクラーレン勢が名を連ねた。マクラーレンは今季からメルセデスのF1エンジンを搭載している。

ピエール・ガスリーは、メルセデスのF1エンジンを搭載する4台の後ろでの6番手に満足していると語る。

「本当に満足している。すべてを出し切った思うし、とても良いラップをしたので6位に慣れたと思う」

「メルセデスのF1エンジンを搭載するマクラーレンは予選を通して本当に強かった。セッション間のGPSを見ると、ストレートで彼らと大きなギャップが見られる」

「だから、再び2台のフェラーリに先んることができたのは、事実上の予選を最大限に活用できたと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ