アルファタウリ・ホンダF1がピエール・ガスリーに与えた環境
ピエール・ガスリーは、アルファタウリ・ホンダF1で素晴らしいシーズンに取り組んでいる。モンツアでのセンセーショナルな勝利は完全に予想外だったものの、レッドブル・ホンダから降格させられて以降、懸命に自信の成長により組んできた1年のハイライトとなった。

1年前、ピエール・ガスリーは、深い谷のどん底にいた。レッドブル・レーシングはピエール・ガスリーをトロロッソに降格させた。しかし、同じ運命を経験したダニール・クビアトのようなスランプに陥ることはなく、この1年でトップドライバーの素質があることを証明した。

「確かに勝利をかけた戦いを逃していた。僕が常に望んでいたことだけど、人生では保証されているものは何もないことを僕は分かっていた。それはまた兄弟や教育を通して得たメンタリティであり、キャリアの非常に厳しい時期に役立った」とピエール・ガスリーは語った。

「昨年、レッドブルからアルファタウリ(当時はトロロッソ)に戻らなければならなかったとき、キャリアで最大の課題に直面した。アントワーヌ(ユベール)の死とともに、精神的に非常に困難な時期だった。でも、自分自身に自信を失うことはなかった。自分が達成したいこと、自分の目標は何であるかを分かっていたし、それを常に追求してきた。僕は集中しているし、常に自分自身とチームから最大限を引き出そうとしている。僕たちの関係はどんどん良くなってきている」

マックス・フェルスタッペンに焦点が置かれたレッドブル時には、そのような言葉がピエール・ガスリーから出てくることはほとんどなかった。ガスリーはアルファタウリを敬慕している。自分らしくあり、自分の好きなようにマシンを調整できることはまったく異なる世界をドライバーに与える。

「今、僕は自分のベストを尽くすことができるポジションにいる。チームは僕が自分を最大限に活用するために必要なものを与えてくれる。自分自身でいられるし、チームはすべての分野で100%をサポートしてくれる。僕が競争力をつけるために必要なすべてのツールを与えてくれる」

「チームは私にF1での機会を与えてくれた。ブラジルで彼らと最初の表彰台を獲得し、今では初勝利でさえ獲得することができた。それが僕たちの関係を特別なものにした。チーム内の誰もが僕の結果に関わっているし、最大限に努力している。僕たちは最大の結果を目指している。結局、F1じゃチームスポーツであり、それはF1で成功するために必要なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ