ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーは、ロシア政府の支援が打ち切られたためペトロフのF1キャリアが危機に瀕していることを認めた。

2010年からヴィタリー・ペトロフのルノーとケータハムでのF1キャリアをマネジメントしているオクサナ・コサチェンコは、政府が財政支援を打ち切ったことを Ria Novosti に明かした。

また R-Sportは、ヴィタリー・ペトロフは、政府系スポンサーであるロシアン・ヘリコプターズとラーダを失ったと報じている。

オクサナ・コサチェンコは「政府支援はなくなりました」とコメント。

「スポンサーが興味を示したことはありません。私は、以前からロシアではF1のようなプロジェクトのためにスポンサーを見つけるのは不可能だと言ってきました」

「政府のトップレベルの支援があれば、このプロジェクトは成功していたでしょう」

「このロシア人ドライバーがF1での競技を辞めざるを得ないというシナリオも除外できません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | ケータハム