セルジオ・ペレス、F1シート喪失も「ベッテルに恨みはない」
セルジオ・ペレスは、2021年のアストンマーティンF1のシートを奪われることになったセバスチャン・ベッテルに対して恨みはないと主張する。

2014年のフォース・インディア時代からチームに所属していたセルジオ・ペレスだが、今シーズン限りでシートを失う形となった。現時点ではハース、アルファロメオと競争力で劣るチームへの移籍か、インディカーへの転向が選択肢とされている。

F1ロシアGPに先立って行われた記者会見でセルジオ・ペレスは「もちとん、いくつかのチームとコンタクトはとっているし、交渉もしている。来週くらいには現実的な選択肢とそうではないものが分かると思う」とコメント。

「でも、それはチームと僕自身のなかに留めておくことだと思っている。誰もがリスペクトに値すると思っているし、彼らには現在のドライバーがいる。交渉しているけど、自分の中に留めておきたい」

30歳のセルジオ・ペレスは、F1を離れる可能性もあることをほのめかした。

「トレーニングをやり続けて、毎ラップで100%を出し切るにはモチベーションが必要だ。僕にモチベーションを与えてくれるプロジェクトでなければならない。そうでなければ、続けることはないだろう」

セルジオ・ペレスは、2021年まで現レーシング・ポイントF1との契約を有していたが、解除条項が存在していたとされる。友好的な別れだと考えるのは都合が良すぎるかもしれない。

それでも、セルジオ・ペレスは、フェラーリF1から放出された後、ローレンス・ストロールの野心的なプロジェクトによってキャリアを救われたセバスチャン・ベッテルに恨みはないと語る。

「セブ(ベッテル)に対して何の恨みもない。彼は素晴らしい人であり、素晴らしいドライバーだ。彼は素晴らしいチームに加入すると思う。僕が続けたいと思っていたチームだ。特に来年の彼らがどれくらい良さそうかをわかっているしね」とセルジオ・ペレスはコメント。

「望んでいる結果が得られないときに失望することは当然のことだと思う。でも、僕はこのビジネスで非常に長い間やってきたし、その背後にある決定を理解している。だから、別に気にしてはいない」

「個人的なものはない思う。先に進むだけだ。次がどうなっても、僕はそれに満足だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント / アストンマーティン