セルジオ・ペレスの2013年06月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス 「マクラーレンは2014年も負けるわけにはいかない」

2013年6月25日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、マクラーレンは2014年マシンの開発を失敗して、もう一年“負ける”わけにはいかないと警告した。

今年、セルジオ・ペレスはザウバーからマクラーレンに移籍したが、MP4-28に競争力はなく、苦戦を強いられている。

2014年の新しい規約に集中することが最も分別のある選択だと考えられるが、マクラーレンは今季マシンを断念することを拒否している。

セルジオ・ペレス:F1イギリスGP プレビュー

2013年6月22日
セルジオ・ペレス (マクラーレン)
セルジオ・ペレスが、F1イギリスGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (マクラーレン)
「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスとの初めてのホームレースのためにシルバーストンに行くのは刺激的なことだ。マクラーレンと同じように、シルバーストンは信じられないような歴史がある場所だ。イギリスGPの古い白黒の写真を観て、まだコプスやストゥのようなコーナーやハンガーストレートをはっきりと認識できるのはクールなことだ」

セルジオ・ペレス 「奇跡が起きてもチームはトップ集団に戻れない」

2013年6月15日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、たとえ“奇跡”が起きてもマクラーレンがすぐにトップ集団に戻ることはできないだろうと認めた。

ルイス・ハミルトンに代わってマクラーレンの一員となったセルジオ・ペレスだが、MP4-28に競争力はなく、ランキングでマクラーレンは“ビック4”チームだけでなく、同じメルセデスエンジンを使うフォース・インディアにまで後塵を拝している。

セルジオ・ペレス 「モナコでは何も間違ったことはしてない」

2013年6月7日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、自分はF1モナコGPで“何も間違ったことはしてない”と主張した。

キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ、そしてチームメイトであるジェンソン・バトンでさえ、F1モナコGPでのセルジオ・ペレスの走りに批判的な意見を述べている。

だが、セルジオ・ペレスは、すべての仕掛けは限界まで攻めたものだったが、何も間違ったことをしたとは思っていないと述べた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム