セルジオ・ペレスの2010年12月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス 「2011年はF1デビューの最後のチャンスだった」

2010年12月30日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、2011年にF1デビューのために契約することができなかったらF1の夢を逃していただろうと語る。

カルロス・スリム率いるメキシコの通信会社テルメックスが支援するセルジオ・ペレス(20)は、2011年に小林可夢偉のチームメイトとしてザウバーでF1デビューを果たす。

小林可夢偉、ザウバー C30でシート合わせ

2010年12月24日
小林可夢偉 C30
小林可夢偉とセルジオ・ペレスは、ザウバーの2011年マシン「C30」でシート合わせを行った。

ザウバー C30は、テクニカルディレクターのジェイムス・キーがザウバーで手掛ける初のF1マシン。

2010年序盤にザウバーに加入したジェイムス・キーは、C29の初期の信頼性問題を解決し、残りのシーズンで競争力を改善する重要な役割を担った。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム