ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハとの“不仲”報道にうんざり
ハースF1のニキータ・マゼピンは、チームメイトのミック・シューマッハとの“不仲”が強まっていることで2022年に二人を引き離す必要があるとの報道にうんざりしている。

トラック内外での振る舞いに対する広範な批判、さらにはチームメイトとの衝突もあり、これまでのところニキータ・マゼピンに激動の2021シーズンとなっている。

現在の大きな噂は、ハースF1は裕福な父ドミトリーと彼の会社ウラルケムの影響で2022年にニキータ・マゼピンにコミットしたが、ペアを分離する必要があるという噂だ。

「正しい言葉を見つけたよ。憶測だ」とニキータ・マゼピンはハンガリーで語った。

「ほとんどすべての場合、そのようなことを言う人々はチームとは何の関係もない」

「ミックと僕はお互いに勝ちたいと思っているけど、僕たちは2人のドライバーであり、二人とも良い結果を得ることができるように1つのチームで働いていることを忘れないでほしい」

「僕たちにはそのような摩擦を起こしている余裕はない。チームがそれに値すると信じている結果を達成するのを助けるために僕たちは生産的で良い関係を築いている」

一方、ミック・シューマッハは、2022年にハースからアルファロメオに移籍する可能性が噂されている。

「時が来たら、僕たちは声明を発表し、誰もがそれについて知ることになるだろう」とミック・シューマッハは語った。

「全般的、僕たちが今年がこれまでどのように進歩したかについては非常に満足することができる」

それでも、ミック・シューマッハは、2021年のハースにもっとペースがあってほしかったと認める。現在、他のフィールドとのギャップは拡大しているように見える」

「予想されていたことだけど、残念だよね」とミック・シューマッハ認めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / ミック・シューマッハ